記事総数:8  総PV数:5863

公開中のまとめ


モンゴルの孤児施設でサッカーイベントを開催!

モンゴルの孤児施設でサッカーイベントを開催!

『KAZUTAKA OTSU 蹴球サロン』のプロジェクト第2弾として、モンゴルの孤児施設の子供達向けにサッカーイベントを開催。 孤児施設に預けられている子供達を取り巻く環境は、とても厳しい現実が存在します。まずは、その事実をより多くの方に知っていただくことが必要だと思い、ゴラッソ内での記事として、シェアさせていただきました。イベント当日の様子や、子供達の取り巻く環境についての詳細をご紹介します。


モンゴルでのサッカー教室、無事に開催!(蹴球サロン・プロジェクト)

モンゴルでのサッカー教室、無事に開催!(蹴球サロン・プロジェクト)

Golaco内でも告知させて頂いた、”KAZUTAKA OTSU 蹴球サロン”のプロジェクト第一弾、『モンゴルでサッカー教室を開催したい!』についてのまとめです。 先日、無事にサッカー教室を開催することができましたので、開催までの経緯と、当日の様子を記事としてまとめさせて頂きました。また、当サロンの今後の展望についても記載しましたので、是非ご一読ください。(筆者:モンゴル1部・FCウランバートル所属、大津一貴)


W杯予選で日本と同組、モンゴル代表vsミャンマー代表の現地レポート

W杯予選で日本と同組、モンゴル代表vsミャンマー代表の現地レポート

2022年ワールドカップ・カタール大会、アジア二次予選兼2023年アジアカップ予選が9月5日にスタート。日本代表はキルギス・タジキスタン・ミャンマー・モンゴルと同じグループFとなりました。グループFの開幕戦となった、モンゴル代表対ミャンマー代表の試合を現地観戦しましたので、その様子をお伝えします。(筆者:モンゴル1部リーグ、FCウランバートル所属・大津一貴)


モンゴルでサッカー教室を開催したい!

モンゴルでサッカー教室を開催したい!

サッカー熱が少しずつ高まってきているモンゴル。しかし、サッカーを取り巻く環境はまだまだ整備されいません。そこで、現地でプレーしている私、大津一貴が『モンゴルでサッカー教室を開催したい!』というプロジェクトを立ち上げました。読者の皆さまにご協力をお願いしたく、プロジェクトについての記事を投稿しましたので、ぜひ本記事を一読して頂けると幸いです。


サッカー海外組のリアルな移籍事情

サッカー海外組のリアルな移籍事情

選手の移籍情報が活発に飛び交っている昨今。この夏の期間は、ヨーロッパ主要国以外でプレーしている日本人選手たちも、例外なく移籍が多くなる時期です。そこで今回は、私自身が新しいチームと契約をするまでに経験してきたことをご紹介します。


2022年W杯カタール大会・アジア1次予選、モンゴル代表の運命やいかに…。

2022年W杯カタール大会・アジア1次予選、モンゴル代表の運命やいかに…。

2022年ワールドカップ・カタール大会、アジア1次予選が2019年6月6日、6月11日の2日間で開催されました。過去に一度も1次予選を突破したことがないモンゴル代表。果たして運命やいかに…。試合のハイライト動画も交えて、モンゴル現地の様子をお伝えします。


モンゴルリーグで活躍するサムライフットボーラー達の素顔

モンゴルリーグで活躍するサムライフットボーラー達の素顔

モンゴルリーグで活躍する日本人選手を紹介。外国人選手として結果を残し、プロサッカー選手としてモンゴルで生きる3人のフットボーラーにインタビュー。選手目線でのリアルな声をお伝えします。


知られざる親日国『モンゴル』サッカーリーグのリアルな現状

知られざる親日国『モンゴル』サッカーリーグのリアルな現状

2019年現在、モンゴル1部リーグのFCウランバートルに所属する、私こと大津一貴。モンゴルサッカーリーグのリアルな現状を、選手目線で執筆いたしました。毎節日本人対決が実現…?フランス1部モナコ所属だった選手の移籍加入…?現地選手の待遇は…?