【2007-2008】12年前のマンチェスターユナイテッドのスタメン、何人覚えてる?

【2007-2008】12年前のマンチェスターユナイテッドのスタメン、何人覚えてる?

時代は遡り2007-2008シーズン。 プレミアリーグとチャンピオンズリーグ2つの大きなタイトルを成し遂げた当時のマンチェスターユナイテッドには、ビッグネームがズラリとひしめいています! 当時のスタメン、あなたは何人覚えていますか?


ファーガソン政権史上最強との呼び声高い2007-2008シーズン

ファーガソン政権22年目となるシーズンは、これまでユナイテッドを築き上げてきたベテラン選手と、これからの時代を背負っていく若手選手陣が見事に融合した、といえるシーズンでした。

3冠を達成し「赤い悪魔」の異名でヨーロッパを轟かせた1998-99シーズンには実績面であと一歩届かなかったものの、このシーズン在籍していたメンバー達の後の活躍を見るに、”史上最強”の名に相応しいチームだったのではないかと思います。

監督:アレックス・ファーガソン

Getty logo

27年という長い期間に渡り名門マンチェスターユナイテッドを指揮した紛れもない名将アレックス・ファーガソン。

13度のリーグ制覇と2度CLを獲るなど、実績面でも申し分なしの活躍をしました。

厳しい規律を求め、時に怒り狂って選手に叱責する姿がありながらも多くの選手達に慕われるのは、常に選手達を守りぬく暖かさを持っていたからに他なりません。
監督でありながら、常に選手の成長に寄り添う「父」のような存在でした。

GK:ファン・デル・サール

Getty logo

オランダ史上最高のゴールキーパーと評されたファンデルサール。
197cmの長身ながら足元のキック精度にも長けており、自身の選手人生にピリオドを打つまで常に高いパフォーマンスを披露し続けました。

現在はアヤックス・アムステルダムのCEOを務めています。

LB:パトリス・エヴラ

Getty logo

2006年にユナイテッドへ移籍したことが功を奏し、フランス代表にも選ばれたパトリス・エヴラ。

高い能力を持ちながらも、ピッチ外では練習のボイコット、サポーターへのキックなど度々世間を騒がせました。
2019年7月に現役引退を発表。

CB:ネマニャ・ヴィディッチ

Getty logo

2006年から2014年に渡るまで、マンチェスターユナイテッドの看板を背負い最終ラインで奮闘したネマニャ・ヴィディッチ。
相方・ファーディナンドと共に14試合連続無失点記録などを作るも、キャリア晩年はケガに悩まされ思うようにプレーが出来ず。

CB:リオ・ファーディナンド

Getty logo

ディフェンスリーダーとしてマンチェスターユナイテッドの黄金期を築いたリオ・ファーディナンド。
ヴィディッチと共に強力なディフェンスラインを構築していましたが、ピッチ外でも相当な仲良しだったようで、常にコミュニケーションに事欠かさなかったといいます。

現在はイギリスメディア「BT sport」で解説者を務めています。

RB:ギャリー・ネビル

Getty logo

下部組織からユナイテッド一筋の右サイドバックを務めたギャリー・ネビル。
クラブ、代表共にプレーを続けたベッカムと絶妙なコンビを組んだことでも知られています。

歯に衣着せぬ発言で周囲をざわつかせることも多いですが、現在は実況席に座ることも。

MF:ポール・スコールズ

Getty logo

168cmながらプレミアリーグで圧倒的な存在感を出し、中盤を支配したポール・スコールズ。

正確無比なパスセンスを主体としたプレースタイルは、ジダン、グアルディオラ、シャビ、イニエスタ、ハンセンといった錚々たるメンツから高い評価を得ています。

2019年に英4部で指導者キャリアをスタートさせるも、31日という早さで辞任。

MF:マイケル・キャリック

Getty logo

堅実なプレーでマンチェスターユナイテッドの骨子を固めたマイケル・キャリック。
戦術理解度が高く、常に危険なエリアを察知してスペースに入る力量を持っていました。

選手として大成しながらも、鬱病との長い闘病期間があったことを告白。
2018年に現役引退を発表。

MF:ライアン・ギグス

Getty logo

本職は左ウインガーでしたが、サイドハーフへのコンバートにも見事に適応し多くのアシストを決めたライアン・ギグス選手。
ファーギー・ベイブスの一人であり、マンチェスターユナイテッドでの公式戦953試合出場という記録は2位のボビー選手に205試合の差を付けて堂々のトップです。

2014年から指導者キャリアをスタートさせ、2018年には母国ウェールズの代表監督に就任しました。

MF:クリスティアーノ・ロナウド

Getty logo

言わずもがな、今もサッカー界のトップに君臨し続けるレジェンド、クリスティアーノ・ロナウド選手。
マンチェスターユナイテッドでファーガソン監督のもと指導を受けたことで、自身のプレースタイルにも大きな変化があったと語ります。

2008年にバロンドールを獲得。偉大な選手になるための一歩目を踏み出した瞬間です。

FW:カルロス・テベス

Getty logo

当時2年の期限付き移籍でマンチェスターユナイテッドへ加入したカルロス・テベス選手。

48試合に出場し19得点という大車輪の活躍で2冠に大きく貢献しました。
ストライカーとしての能力は世界トップクラスにあり、2009年にシティへ移籍し彼の才能が開花します。

近年は中国移籍するも思うようにいかず。古巣ボカへ復帰しプレーを続けています。

FW:ウェイン・ルーニー

Getty logo

マンチェスターユナイテッドといえば、ウェイン・ルーニー選手というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

イングランドが生んだ英雄は、ユナイテッドで公式戦393試合に出場し183得点を記録。
パス、シュート、サッカーセンスのどれもが非常に高いレベルで、チームの質をワンランク上へと引き上げました。

素行の悪さが問題となっていたこともありましたが、年齢を重ねるとともに落ち着き2020年1月からはダービーカウンティの選手権監督を務めています。

何人覚えていましたか?

Getty logo

いかがだったでしょうか。

このチーム構成から12年という長い月日が流れましたが、今でもトップクラスのパフォーマンスを続けているロナウド選手は本当に恐ろしいですね・・。

解説者や監督業として第二のキャリアをスタートさせる選手達も多くいました。これからまた違った形で活躍を見られるのが楽しみですね!

このまとめのライター

ハーイ ハイローと申します!

サガン鳥栖が大好きで、スタジアム観戦にもよく行っています。
「分かりやすく、丁寧に」をモットーとして皆さんにサッカー情報を届けられたらと思っています。

運営ブログ「なんでもインタレスト」も運営中。サッカーゲーム(FIFA20)を中心としていますが、良かったら是非こちらにも足をお運びくださいね。

関連する投稿


引退してもバチバチ!実況席で繰り広げられるOB同士の静かな戦い

引退してもバチバチ!実況席で繰り広げられるOB同士の静かな戦い

引退してもチームへの情熱は衰えることを知りません!


【腹黒】アーセナルのアルテタ監督の中々の腹黒発言がコレだ!

【腹黒】アーセナルのアルテタ監督の中々の腹黒発言がコレだ!

アーセナルのアルテタ監督が、記者会見であの“ライバル”チームに関して、皮肉めいた発言をしました! 海外の人はブラックジョークが上手い!


CL出れないだけじゃない!4部に降格の可能性もある!マンCどうする。

CL出れないだけじゃない!4部に降格の可能性もある!マンCどうする。

先日、UEFAからUEFAチャンピオンズリーグに2年間出場させないことが発表されたマンチェスター・シティ。 なんとプレミアリーグからも処分される!かもしれない...!


【悲報】地獄の7連敗も!?ウエスト・ハムのスケジュールがコレだ!

【悲報】地獄の7連敗も!?ウエスト・ハムのスケジュールがコレだ!

プレミアリーグの古豪、ウエスト・ハム。 そんなウエスト・ハムの連戦スケジュールが、かわいそうすぎると話題に。


MSN以上!?今一番最高のトリオ!知らなきゃ出遅れるこのトリオ!

MSN以上!?今一番最高のトリオ!知らなきゃ出遅れるこのトリオ!

かつてバルセロナにいた、メッシスアレスネイマールのMSN。 レアル・マドリードおた、ベンゼマベイルロナウドのBBC。 そんなトリオに匹敵するのではないかと言われているトリオが、今シーズン存在しています!


最新の投稿


【shoot anilla】セミプロ契約候補のゴールキーパーを募集!!

【shoot anilla】セミプロ契約候補のゴールキーパーを募集!!

この度、シュートアニージャでは引き続き、2020-2021シーズン共に戦うゴールキーパーを募集しています。



【横浜FC】キングカズが正しい手洗い方法の動画を公開!その姿が話題

【横浜FC】キングカズが正しい手洗い方法の動画を公開!その姿が話題

新型コロナウイルスの予防には正しい手洗いが大切だと言われています。有名人が正しい手洗いの方法を動画で公開していることも多く、サッカー界からもたくさんの動画がアップされています。今回紹介するのは、横浜FCが公開した動画。その動画に出演した三浦知良選手の姿が話題になっています。


高萩洋次郎からの宿題!ボール4つの上で腕立て伏せ、できる?

高萩洋次郎からの宿題!ボール4つの上で腕立て伏せ、できる?

新型コロナウイルスの影響でサッカーのみならずさまざまなイベントが中止になってしまっています。思いっきりリフレッシュすることが難しい状況ではありますが、様々な選手が家でも楽しめるトレーニングなどを公開しています。今回紹介するのはFC東京、高萩洋次郎選手のトレーニング。ぜひチャレンジしてみてください。


【現代サッカー】特徴的な戦い方を行う監督の戦術・戦略を5つ紹介!

【現代サッカー】特徴的な戦い方を行う監督の戦術・戦略を5つ紹介!

チームの数だけ戦い方は存在します。 今回はここ数年で多用に変化するサッカーの戦い方に焦点を合わせ、特徴的な試合展開を行う監督の戦術・戦略について簡単にご紹介します。