消えた天才の今。飛び級で代表入りし、日韓W杯に出場するはずだった幻の選手

消えた天才の今。飛び級で代表入りし、日韓W杯に出場するはずだった幻の選手


過去TBS系列のテレビ番組『消えた天才』に出演された小松原学。中学生でU-17、高校生でU-18,19と、世代別日本代表にも毎年のように飛び級で選出され、中田浩二や中澤佑二選手らにも「天才」と言わしめた小松原学は、なぜ開花しきれなかったのでしょうか?本記事ではその生い立ちと現在に迫ります。

小松原学のプロフィール

名前:小松原学(コマツバラ マナブ)
生年月日:1981年4月2日
出身地:群馬県 
身長:182cm
ポジション:FW
利き足:右

現役時代

小学生のころから頭角をあらわしていた小松原学選手は、地元群馬のサッカークラブにて全日本少年サッカー大会で活躍。その後は中学生ながらU-17日本代表に飛び級で選出されるなど、世間的にも「天才」と評判を得ます。

さらに高校生になると稲本、小野、遠藤、小笠原、中田、高原ら「黄金世代」と呼ばれる選手がひしめくU-18日本代表にまたも飛び級で選出。さらにベルマーレ平塚(現:湘南ベルマーレ)にて、17歳の時に当時Jリーグ最年少出場記録を樹立。チームメイトだった中田英寿ら一流選手にも負けず劣らずの活躍を見せ、高校2年生の時には25試合で5ゴールをあげる活躍を果たします。

自惚れと怪我により早すぎる現役引退へ…

しかし、その活躍でメディアに注目されて以降、才能に自惚れてしまったことから態度や素行の悪さが目立ち始め、徐々に調子を落とします。実際に小松原選手自身も当時を振り返って…

「自分を最高の選手だと思っていて、ムカつく相手にラフプレーを仕掛けるのは日常でした」と述べています。

そしてその後は右足と左足を交互に怪我してしまったことを発端に、徐々に試合にも出られなくなります。最終的には2001年に湘南ベルマーレから解雇を言い渡され、ヴァンフォーレ甲府、2004年からはJFLのFCホリコシなどでプレーするも、24歳の若さで現役を引退しています。

小松原学は整体師として独立

24歳の若さで現役を引退した小松原選手は、その後柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師の資格を取得します。

整体師として大成し、ケツメイシなど有名アーティストに同行するほどの人気整体師として名を馳せます。2012年にはPass鍼灸整骨院を開院し、見事独立を果たします。現在の年収はJリーガーだった頃を超えたとも仰っていることから、充実した日々を送っていることが予想できます。

引退後の小松原学とサッカー

サッカー界では引退後Jeoサッカークリニックを立ち上げ、若者の育成に貢献されています。また、2014年には特定非営利活動法人Rafagaフットボールクラブを立ち上げ。整体師の方で稼いだお金を回しながら運営を続けており、専用グラウンドやクラブハウスも作るなど、育成に対する熱い思いが伺えます。

他にもプレミアリーグU-11群馬の立ち上げ運営に尽力するなど、整体師と若者のサッカー育成という二足のわらじで活躍されているのです。

また、実は自身も選手として2016年に東北社会人サッカーチームのブランデュー引前でプレー。1シーズンのみ現役復帰を果たしています。

このまとめのライター

関連する投稿


努力では補えないセンスの持ち主・サッカーの天才と呼ばれた小野伸二

努力では補えないセンスの持ち主・サッカーの天才と呼ばれた小野伸二

中村俊輔やラモス瑠偉、遠藤保仁といった日本代表の主力として活躍してきた選手たちが、こぞってサッカーの天才と迷わず評価するのが小野伸二。


日本サッカーの黄金世代とは?時代を彩った天才たち

日本サッカーの黄金世代とは?時代を彩った天才たち

ある特定の時期に才能に溢れた選手が多く輩出されるというのは、スポーツの世界ではよくあることです。日本サッカーにおいては、1979年前後に生まれた世代が黄金世代と呼ばれます。この世代の選手たちは日本代表としてはもちろんのこと、個人としても多くの成果を残しました、そこで今回は、黄金世代が残した実績と、代表的な選手たちについて詳しく解説します。


引退しても語り継がれるサッカーの天才パサー3選

引退しても語り継がれるサッカーの天才パサー3選

サッカー界には「天才」と称される選手が多くいます。 現在現役で活躍している選手でパッと思いつくのは、リオネル・メッシ、クリスチアーノロナウド、ネイマール、日本人なら小野伸二などでしょうか。 しかし一言で天才と言っても、様々なポジション、特性、プレースタイルが求められるサッカーという競技においてその才能の種類は様々。 この記事では、「天才」と呼ばれた選手をパサー(パスの出し手)に絞って紹介、天才として呼ばれた所以やプレーの特徴について紹介していきます。


久保建英は日本サッカーの未来。かつて世界から天才と評された小野伸二を超えられるか?

久保建英は日本サッカーの未来。かつて世界から天才と評された小野伸二を超えられるか?

現在18歳ながらスペインのリーガエスパニョーラの1部で活躍している久保建英選手。スペインの2つのビッグクラブに所属した経歴を持つ逸材は、かつて世界から「天才」と評された小野伸二選手を超えられるのでしょうか。



最新の投稿


【shoot anilla】セミプロ契約候補のゴールキーパーを募集!!

【shoot anilla】セミプロ契約候補のゴールキーパーを募集!!

この度、シュートアニージャでは引き続き、2020-2021シーズン共に戦うゴールキーパーを募集しています。



【横浜FC】キングカズが正しい手洗い方法の動画を公開!その姿が話題

【横浜FC】キングカズが正しい手洗い方法の動画を公開!その姿が話題

新型コロナウイルスの予防には正しい手洗いが大切だと言われています。有名人が正しい手洗いの方法を動画で公開していることも多く、サッカー界からもたくさんの動画がアップされています。今回紹介するのは、横浜FCが公開した動画。その動画に出演した三浦知良選手の姿が話題になっています。


高萩洋次郎からの宿題!ボール4つの上で腕立て伏せ、できる?

高萩洋次郎からの宿題!ボール4つの上で腕立て伏せ、できる?

新型コロナウイルスの影響でサッカーのみならずさまざまなイベントが中止になってしまっています。思いっきりリフレッシュすることが難しい状況ではありますが、様々な選手が家でも楽しめるトレーニングなどを公開しています。今回紹介するのはFC東京、高萩洋次郎選手のトレーニング。ぜひチャレンジしてみてください。


【現代サッカー】特徴的な戦い方を行う監督の戦術・戦略を5つ紹介!

【現代サッカー】特徴的な戦い方を行う監督の戦術・戦略を5つ紹介!

チームの数だけ戦い方は存在します。 今回はここ数年で多用に変化するサッカーの戦い方に焦点を合わせ、特徴的な試合展開を行う監督の戦術・戦略について簡単にご紹介します。