プレミアリーグ公式がハードワーカーを紹介! 動画に登場した選手とはいったい誰!?

プレミアリーグ公式がハードワーカーを紹介! 動画に登場した選手とはいったい誰!?

プレミアリーグ公式が選んだハードワーカーとはいったい誰だったのでしょうか?


Getty logo

世界一のタフさを誇るといっても過言ではないヨーロッパの最高峰”プレミアリーグ”。屈強なフィジカルがなければ戦っていけないほどの激しさがあるリーグです。また激しいだけではなく、ゲームもとてもスピーディー。強さと速さを見たければプレミアリーグ一択と言っても良いでしょう。そんな中、プレミアリーグ公式がハードワーカーを動画で紹介。タフさを誇るプレミアリーグでさらにタフに戦っている選手とはいったい誰だったのでしょうか?

プレミアリーグ公式が投稿した動画がこちら

動画で紹介されたハードワーカーは、

1人目 エンゴロ・カンテ(チェルシー所属)
2人目 ロバートソン(リバプール所属)
3人目 エンディディ(レスター所属)
4人目 ミリヴォイェヴィッチ(クリスタル・パレス所属)
5人目 コーク(バーンリー所属)

各所属先のチームで、誰よりも走り、誰よりも相手にプレッシャーをかける選手たち。中でもロバートソンがマンチェスターシティ相手に見せた圧巻の走りは度肝を抜きました。ハードワーカーがいなければチームは現在のチームはない。そう言い切れるほどチームに必要不可欠な選手です。ぜひ今度プレミアリーグを見る時は、この5人の選手たちを注目して見てみてくださいね!

このまとめのライター

みなさんはじめまして。神の山です。好きなチームはアーセナルとモンテディオ山形です。よろしくお願いいたします。

関連する投稿


「戦い方を変えてまで挑んだ」シティを上回るリヴァプールの強さとは?

「戦い方を変えてまで挑んだ」シティを上回るリヴァプールの強さとは?

プレミアリーグ第12節リヴァプールvsマンチェスターシティの一戦は3-1でホームのリヴァプールが勝利した。


サラー、「全勝神話」が存在していた?

サラー、「全勝神話」が存在していた?

リヴァプールに所属するモハメド・サラーにはとある「全勝記録」が存在する。一体その記録とは。


プレミア10節は昨季CL決勝チームが激突!データから見たリヴァプールとトッテナムの試合展望

プレミア10節は昨季CL決勝チームが激突!データから見たリヴァプールとトッテナムの試合展望

プレミアリーグ第10節。早くも激戦必至の好カードがやってきました!


今シーズンのデ・ブライネの注目ポイントは右サイドからのクロスボール!?

今シーズンのデ・ブライネの注目ポイントは右サイドからのクロスボール!?

デ・ブライネの右サイドからのクロスが美しすぎました!


アーセナルでデビューを飾ったDFティアニー。上々の出来栄えをファンに披露する!

アーセナルでデビューを飾ったDFティアニー。上々の出来栄えをファンに披露する!

ティアニーがついにアーセナルでデビューを果たしました!


最新の投稿


J3リーグってどんなところ? #岐阜サポにJ3の恐ろしさを教える

J3リーグってどんなところ? #岐阜サポにJ3の恐ろしさを教える

残念ながらJ3への降格が決定してしまったFC岐阜。J3で戦うのは初めての経験です。そんなFC岐阜サポーターにJ3情報を教えてくれるのが「#岐阜サポにJ3の恐ろしさを教える」というハッシュタグ。恐ろしさを教えるという言葉とは裏腹に、J3の魅力を知ることができるタグとなっています。FC岐阜サポーターはもちろん、それ以外の人もぜひチェックしてみてください。


世界記録まで11ゴール!ロナウドが代表9度目のハットトリックを達成!

世界記録まで11ゴール!ロナウドが代表9度目のハットトリックを達成!

EURO予選を戦うポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウド選手が、14日に行われたリトアニア戦で代表通算9度目のハットトリックを達成しました。チームも6-0と圧勝した本試合。その中でロナウドのゴールに焦点を当てて解説していきます。



次元が違う!U-22練習試合で魅せた久保建英のスルーパスがエグい!

次元が違う!U-22練習試合で魅せた久保建英のスルーパスがエグい!

東京五輪の代表メンバーを選出する上で、非常に注目が集まっているU-22日本代表。11/17にコロンビア代表との試合を控えているため、サンフレッチェ広島と練習試合を行いました。その中で一際輝いていたのが「久保建英」選手です。今回は中でも試合中魅せたスルーパスに焦点を当てて解説します。


「大津、動きます」マリノスサポのために大津祐樹選手が取った行動が話題に!

「大津、動きます」マリノスサポのために大津祐樹選手が取った行動が話題に!

「すべてはマリノスのために」このスローガンを大津選手が体現しました。