DFとしてポリバレントな活躍を見せる、日本代表、富安健洋の特徴とプレー集!

DFとしてポリバレントな活躍を見せる、日本代表、富安健洋の特徴とプレー集!

センターバックとサイドバックを高いレベルでこなす日本代表、富安健洋選手。 20歳という若さでこれだけ質の高いプレーを見せるのは、我々にとって希望でしかありません!


現在20歳の富安健洋選手。
ベルギーのシントトロイデンを経て、現在はイタリアのボローニャでプレーをしています。

元々センターバックとしてのポジションを務める選手でしたが、そのスピードとフィジカル、安定感のあるプレーぶりから、サイドバックとしてプレーをすることも出来ます。
現に彼が在籍するイタリアのボローニャでは、サイドバックで起用されています。

相手ウインガーのスピードに対応出来る足の速さを持ち、かつ高身長でフィジカルの強いことからも、ハイレベルな二刀流の出来る貴重な存在であることが分かります。

富安健洋の評価

イタリアのサッカーメディア「tuttomercatoweb」で元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニはこう語ります。(yahoo記事の訳を引用)

完成された選手だ。ボローニャにとっては良い買い物だね。

欧州で10年間プレーしている吉田麻也と比較されている。本物のサッカー選手のクオリティーを持っている。

富安健洋のプレー集

20歳という若さで既に日本代表にも定着しつつある富安選手。

これから先の5年、10年と日本の守護神として君臨し続けてくれることでしょう!

このまとめのライター

関連するキーワード


日本代表 冨安健洋

関連する投稿


25年の現役生活を送った川口能活を支えた”あるもの”とは!?

25年の現役生活を送った川口能活を支えた”あるもの”とは!?

川口能活さんが現役時代、支えられた”あるもの”とはいったいなんだったのでしょうか?


日本サッカー史に刻まれる「ドーハの悲劇」を振り返る

日本サッカー史に刻まれる「ドーハの悲劇」を振り返る

我々にとっては思い出したくないドーハの悲劇ですが、この体験を経て日本サッカーは大きな成長を遂げました。


吉田麻也のハイタッチが華麗にスルーされていた!?

吉田麻也のハイタッチが華麗にスルーされていた!?

吉田麻也選手のハイタッチ映像が話題となっています。


W杯予選で日本と同組、モンゴル代表vsミャンマー代表の現地レポート

W杯予選で日本と同組、モンゴル代表vsミャンマー代表の現地レポート

2022年ワールドカップ・カタール大会、アジア二次予選兼2023年アジアカップ予選が9月5日にスタート。日本代表はキルギス・タジキスタン・ミャンマー・モンゴルと同じグループFとなりました。グループFの開幕戦となった、モンゴル代表対ミャンマー代表の試合を現地観戦しましたので、その様子をお伝えします。(筆者:モンゴル1部リーグ、FCウランバートル所属・大津一貴)


ボカサポーターの思いが届く?高原との再会が話題に!

ボカサポーターの思いが届く?高原との再会が話題に!

ボカサポーターの思いがテレビを通じて届きました!


最新の投稿


そこ止めちゃう!?テア・シュテーゲンのビッグセーブにピケも唖然・・・

そこ止めちゃう!?テア・シュテーゲンのビッグセーブにピケも唖然・・・

テア・シュテーゲンのビッグセーブにさすがのピケも唖然・・・


誰でも好きになっちゃう!?マルセロの動画を発見!!

誰でも好きになっちゃう!?マルセロの動画を発見!!

マルセロが好きになる動画を発見しました!


通算700得点達成のC.ロナウド。この快挙に対して発した言葉が異次元すぎます!

通算700得点達成のC.ロナウド。この快挙に対して発した言葉が異次元すぎます!

境地に達した彼にしか話せない言葉の重みがあります。


母国スウェーデンにイブラヒモビッチの銅像が誕生!

母国スウェーデンにイブラヒモビッチの銅像が誕生!

母国スウェーデンにイブラヒモビッチの銅像が誕生したようです!


モンゴルの孤児施設でサッカーイベントを開催!

モンゴルの孤児施設でサッカーイベントを開催!

『KAZUTAKA OTSU 蹴球サロン』のプロジェクト第2弾として、モンゴルの孤児施設の子供達向けにサッカーイベントを開催。 孤児施設に預けられている子供達を取り巻く環境は、とても厳しい現実が存在します。まずは、その事実をより多くの方に知っていただくことが必要だと思い、ゴラッソ内での記事として、シェアさせていただきました。イベント当日の様子や、子供達の取り巻く環境についての詳細をご紹介します。