”半端ない” 大迫勇也のチームを勝利に導くポストプレー集

”半端ない” 大迫勇也のチームを勝利に導くポストプレー集

一見地味ですが、チームを勝利に導くために重要な「ポストプレー」。大迫選手が日本代表で担っている役割は想像以上に大きいです。


Getty logo

日本代表のフォワードとして絶対的な地位にいる大迫勇也選手。彼が代表に選ばれ続けているのは得点能力が高いことに加えて、突出した「ポストプレー」の上手さを持っていることにあります。

ポストプレーとは?

最前線にいる攻撃の選手(主にセンターフォワード)が相手ゴールに背を向け、敵ディフェンダーを背中に背負いながら味方からのボールを受けようとするプレー。 敵を背負った状態から味方がボールを出すタイミングに合わせて敵から離れて、フリーでボールを受ける場合もある。

相手選手を背負いながらボールを持つことで、周りにいる味方選手が攻めあがるための時間を作ることが出来ます。
大迫選手はポストプレーという攻撃時の重要な役割を担っていることはもちろん、試合展開が苦しい時にファウルを貰って落ち着ける時間を作るのも上手いです。

簡単にボールを失わないフォワードがいることは、相手にとってこれ以上ない脅威にほかなりません。

大迫勇也選手のポストプレーまとめ

大迫勇也選手のポストプレーを紹介しました。
外国人選手の屈強な体格に当たり負けしないフィジカルと、物怖じしない姿勢は頼もしい限りですね。
大迫選手のますます”半端ない”活躍を期待します!

このまとめのライター

関連するキーワード


大迫勇也 日本代表

関連する投稿


ブレーメン公式が”リーグ”優勝を祝う? それはまさかの・・・

ブレーメン公式が”リーグ”優勝を祝う? それはまさかの・・・

まだブンデスリーガは開幕したばかりですが・・・一体何を祝ったのでしょうか?


DFとしてポリバレントな活躍を見せる、日本代表、富安健洋の特徴とプレー集!

DFとしてポリバレントな活躍を見せる、日本代表、富安健洋の特徴とプレー集!

センターバックとサイドバックを高いレベルでこなす日本代表、富安健洋選手。 20歳という若さでこれだけ質の高いプレーを見せるのは、我々にとって希望でしかありません!


吉田麻也のハイタッチが華麗にスルーされていた!?

吉田麻也のハイタッチが華麗にスルーされていた!?

吉田麻也選手のハイタッチ映像が話題となっています。


W杯予選で日本と同組、モンゴル代表vsミャンマー代表の現地レポート

W杯予選で日本と同組、モンゴル代表vsミャンマー代表の現地レポート

2022年ワールドカップ・カタール大会、アジア二次予選兼2023年アジアカップ予選が9月5日にスタート。日本代表はキルギス・タジキスタン・ミャンマー・モンゴルと同じグループFとなりました。グループFの開幕戦となった、モンゴル代表対ミャンマー代表の試合を現地観戦しましたので、その様子をお伝えします。(筆者:モンゴル1部リーグ、FCウランバートル所属・大津一貴)


ボカサポーターの思いが届く?高原との再会が話題に!

ボカサポーターの思いが届く?高原との再会が話題に!

ボカサポーターの思いがテレビを通じて届きました!


最新の投稿



u-12キングオブストライカー2019が開催!第1回優勝は埼玉の強豪チーム!

u-12キングオブストライカー2019が開催!第1回優勝は埼玉の強豪チーム!

8/31(土)、柏レイソルやヴァンフォーレ甲府で活躍した元Jリーガー長谷川太郎氏が代表を務める一般社団法人TREが第1回キングオブストライカー2019を開催した。


ドルトムントの紙吹雪コレオが美しすぎると話題に!

ドルトムントの紙吹雪コレオが美しすぎると話題に!

ドルトムントサポーターが仕掛けた紙吹雪コレオが話題となっています!


横浜FマリノスDFチアゴ・マルチンス。実は超絶お茶目だった!?

横浜FマリノスDFチアゴ・マルチンス。実は超絶お茶目だった!?

チアゴのお茶目な行動が面白すぎました。


【クラブ紹介】アトレティコマドリードってどんなチーム?スタイルや特徴を紹介!

【クラブ紹介】アトレティコマドリードってどんなチーム?スタイルや特徴を紹介!

クラブの特徴やスタイルを知ればもっとサッカーが楽しくなる!