2シーズンぶりにカンボジアに移籍!サムライ魂を胸に世界へ挑戦するストライカー

2シーズンぶりにカンボジアに移籍!サムライ魂を胸に世界へ挑戦するストライカー

今回インタビューさせて頂くのは川畑選手です!ゴラッソに登場するのは今回で2度目になります。香港でのシーズンを終えた川畑選手が次に選んだ国は.....なんと昨シーズンカンボジア1部リーグチャンピオンである強豪クラブ・・・


お久ぶりです。香港でのシーズンを振り返っていかがでしたか??

川畑 香港でのシーズンは、初め契約したチームから契約直後にローン移籍で放出され、そのクラブが同リーグの最下位チーム、と難しい環境でプレーすることになりました。
ですが、結果的に12ゲーム17ゴール!と助っ人外国人としての結果を出すことができ、チームも残留させることができました。チームキャプテンも任せてもらい信頼されていたことは嬉しいし、充実したハーフシーズンでしたね。

17ゴールはやばいですね(笑)なぜ再びカンボジアに移籍する事になったんですか??

川畑 本当は、香港リーグでのステップアップを考えていました。そのためシーズン終了後に日本で仕事をしながら次のチャレンジに向けて準備をし、香港でのオファーを待っていました。
ですが、2年前にカンボジアでプレーしていたので移籍マーケットやチームの状況も把握していたので、リーグ上位のチームでならカンボジアでプレーしたいとも頭の片隅には考えていました。
そんな時、代理人を通して現在のチームからオファーをもらいました。それも移籍マーケットが閉まる直前でした。今までの経験から移籍書類等の準備もしっかりしていたため、オファーをもらい数時間後には正式に契約ができ、翌日に渡航しました。
オファーを貰った時は、東京で現場仕事をしていましたが、翌日にはカンボジアへ渡航していました(笑)海外移籍は準備と身軽さが大切だと思います!

翌日に渡航ですか....(笑)フットワークの軽さが半端ないですね。チームのレベルや待遇はどうですか??

川畑 NagaWorld FCは、カジノ経営のいわゆる金満チームです。去年はリーグ優勝もしていて、既に敗退しましたが今年はAFCカップにも出場しました。チームメイトは多くのカンボジア代表選手や、大型のアフリカン選手が所属しておりレベルもかなり高いです。
裏話として契約の1つにナガカジノの出入り禁止がありますよ(笑)

2シーズン振りのカンボジアですが以前と比べて変化はありましたでしょうか??

川畑 今シーズンは14チームが参入していて、上位チームの勝ち点差はさほど無く、どのクラブにも優勝の可能性がありますね。
僕が最初にプレーした2年前と比べても、ローカル選手のレベルも上がってきていて、外人選手もハイキャリアの選手が多くプレーしています。新しいスタジアムが作られたりと、毎年リーグ環境も整ってきていて、今後さらに発展していくような印象です。

最後に今シーズンの意気込みを宜しくお願いします。

今シーズンも結果にこだわっていきたいと思ってます。そして、毎年ステップアップできるよう頑張っていきます!
応援宜しくお願いします。

川畑選手ありがとうございました!

◆Twitter

このまとめのライター

シンガポール、タイ、モンゴルの三ヶ国でプレー。異国で挑戦するサッカー選手にスポットを当てていきます!

関連する投稿


カンボジアを率いる本田圭佑監督が選手たちに向けたメッセージが素晴らしいです

カンボジアを率いる本田圭佑監督が選手たちに向けたメッセージが素晴らしいです

ワールドカップ出場に向けたアジア二次予選が始まっていますが、本田監督率いるカンボジアはバーレーンと激突しました。


スイスでプレーする若武者!?飯野の挑戦に迫った

スイスでプレーする若武者!?飯野の挑戦に迫った

今回は元ブリオベッカ浦安でプレー経験があり、現在はプロサッカー選手を目指し、スイスでプレーする飯野多希留(いいの・たける)選手にインタビューさせて頂きました!


サッカー海外組のリアルな移籍事情

サッカー海外組のリアルな移籍事情

選手の移籍情報が活発に飛び交っている昨今。この夏の期間は、ヨーロッパ主要国以外でプレーしている日本人選手たちも、例外なく移籍が多くなる時期です。そこで今回は、私自身が新しいチームと契約をするまでに経験してきたことをご紹介します。


モンゴルでプロデビューした日本人ゴールキーパーに迫る。

モンゴルでプロデビューした日本人ゴールキーパーに迫る。

「ロアッソ熊本に入って恩返しをする」そう熱く語る日本人ゴールキーパー河野選手。ロアッソ熊本ユースを卒業と同時プロになる夢は叶わず。大学に進学、その後はバンディオンセ加古川で2シーズンプレー。今シーズンよりモンゴルにて念願のプロデビュー!モンゴルサッカーや今後のビジョンも含めてインタビューさせてい頂きました。


ブラジル→JFL プロとして歩んだ男の第二章の幕開け。

ブラジル→JFL プロとして歩んだ男の第二章の幕開け。

今回インタビューさせて頂いたのは2016年までJFLの奈良クラブでプレーしていた磯部和彦さん24歳。磯部さんは湘南ベルマーレユースを卒業後に単身ブラジルでサッカー選手としてプレー。その後はJFLの奈良クラブでプレーした後に現役を引退して指導者の道に進んだ。


最新の投稿


そこ止めちゃう!?テア・シュテーゲンのビッグセーブにピケも唖然・・・

そこ止めちゃう!?テア・シュテーゲンのビッグセーブにピケも唖然・・・

テア・シュテーゲンのビッグセーブにさすがのピケも唖然・・・


誰でも好きになっちゃう!?マルセロの動画を発見!!

誰でも好きになっちゃう!?マルセロの動画を発見!!

マルセロが好きになる動画を発見しました!


通算700得点達成のC.ロナウド。この快挙に対して発した言葉が異次元すぎます!

通算700得点達成のC.ロナウド。この快挙に対して発した言葉が異次元すぎます!

境地に達した彼にしか話せない言葉の重みがあります。


母国スウェーデンにイブラヒモビッチの銅像が誕生!

母国スウェーデンにイブラヒモビッチの銅像が誕生!

母国スウェーデンにイブラヒモビッチの銅像が誕生したようです!


モンゴルの孤児施設でサッカーイベントを開催!

モンゴルの孤児施設でサッカーイベントを開催!

『KAZUTAKA OTSU 蹴球サロン』のプロジェクト第2弾として、モンゴルの孤児施設の子供達向けにサッカーイベントを開催。 孤児施設に預けられている子供達を取り巻く環境は、とても厳しい現実が存在します。まずは、その事実をより多くの方に知っていただくことが必要だと思い、ゴラッソ内での記事として、シェアさせていただきました。イベント当日の様子や、子供達の取り巻く環境についての詳細をご紹介します。