これであなたもコパアメリカ通!コパアメリカ観戦ガイド<前編>

これであなたもコパアメリカ通!コパアメリカ観戦ガイド<前編>

コパアメリカ2019年大会が日本時間6月15日(土)から始まる。そこで同大会の歴史を振り返ってみよう。


世界最古の大陸選手権

コパアメリカ(1975年以前の名称は南米選手権)の第1回大会が開催されたのは、1916年のことであり、参加国はアルゼンチン、ブラジル、ウルグアイ、チリの4カ国のみであった(初代王者はウルグアイ)。コパアメリカは世界最古の大陸選手権であり、長い歴史のある大会である。

前回王者はチリ

Getty logo

原則4年ごとに開催される同大会だが、2016年にCONMEBOL(南米サッカー連盟)の創設100周年を祝って記念大会が行われた(第1回大会から100年の節目でもある)。この、南米サッカー連盟は世界最初のサッカー連盟でもあった。

この記念大会はチリが優勝し、2年連続2回目の栄冠であった。なお、アルゼンチンが2年連続準優勝であり、いずれもPK戦での決着となった。

日本代表も出場経験あり

日本代表は1999年大会に招待され、初出場を果たした。同大会は日本がペルー、パラグアイ、ボリビアとグループリーグで対戦し、1分2敗でグループリーグ敗退に終わった。

同大会で呂比須ワグナーが(コパアメリカにおける)日本代表初ゴールを含む2ゴール、三浦淳宏が1ゴールを記録し、同大会における「日本代表の得点者」となっている。

1999年大会日本代表メンバー

GK
下田 崇(23/サンフレッチェ広島)
川口 能活(23/横浜F・マリノス)
楢崎 正剛(23/名古屋グランパスエイト)

DF
井原 正巳(31/横浜F・マリノス)
秋田 豊(28/鹿島アントラーズ)
相馬 直樹(27/鹿島アントラーズ)
安藤 正裕 (27/清水エスパルス)
斉藤 俊秀 (26/清水エスパルス)
服部 年宏(25/ジュビロ磐田)
鈴木 秀人 (24/ジュビロ磐田)
森岡 隆三 (23/ 清水エスパルス)

MF
田坂 和昭 (27/清水エスパルス)
藤田 俊哉 (27/ ジュビロ磐田)
名波 浩 (26/ ジュビロ磐田)
望月 重良 (25/名古屋グランパスエイト)
三浦 淳宏 (24/ 横浜F・マリノス)
伊東 輝悦 (24/清水エスパルス)
奥 大介 (23/ ジュビロ磐田)
福西 崇史 (22/ ジュビロ磐田)

FW
吉原宏太(21/コンサドーレ札幌) ※
呂比須ワグナー (30/ 名古屋グランパスエイト)
岡野 雅行 (26/浦和レッドダイヤモンズ)
城 彰二 (23/横浜F・マリノス)

カッコ内は当時の年齢および当時の所属チーム
※大会直前に中山 雅史 (31/ ジュビロ磐田)が負傷離脱した為、急遽追加招集

今回はコパアメリカの歴史や同大会に招待日本代表の成績を振り返ってみた。次回は後編をお伝えする。

このまとめのライター

関連する投稿


オッズで判明! 日本代表は人気なさすぎた?

オッズで判明! 日本代表は人気なさすぎた?

日本代表vsウルグアイ代表の一戦のオッズが驚くべき数値となっていました。


VARは試合を決める!?大舞台で脅威を目の当たりに!

VARは試合を決める!?大舞台で脅威を目の当たりに!

VARの導入が世界各地で進んでいる。もちろん日本でも議論されている。そのVARだが、現在開催中のコパ・アメリカや女子W杯でその威力を見せつけている。


なでしこ、勝たないといけない一戦でスコットランドに見事勝利

なでしこ、勝たないといけない一戦でスコットランドに見事勝利

マルカリさんによる、なでしこワールドカップ解説 第2弾です。今回はスコットランド戦。


日本代表がチリ代表に0-4の大敗。初戦から王者の洗礼を浴びる・・・。

日本代表がチリ代表に0-4の大敗。初戦から王者の洗礼を浴びる・・・。

コパ・アメリカの前回王者チリ代表を相手に日本代表は0–4の大敗を喫し、初戦から王者の洗礼を浴びてしまいました。


なでしこ、ブロックを敷いて守備的なアルゼンチンを崩せず、痛いスコアレスドロー

なでしこ、ブロックを敷いて守備的なアルゼンチンを崩せず、痛いスコアレスドロー

マルカリさんによるなでしこワールドカップ解説 第1弾です。


最新の投稿


カメラに向かって語ったブラジル女子代表マルタの熱いメッセージとは

カメラに向かって語ったブラジル女子代表マルタの熱いメッセージとは

現在開催中のサッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会は23日、各地で決勝トーナメント1回戦2試合が行われ、ブラジル代表は開催国フランスに延長戦の末1-2で敗れ準々決勝進出とはならなかった。試合後ブラジル代表のエースであるマルタにカメラを向けると、次世代の選手に向けて熱いメッセージが語られた。


”神の子”フェルナンド・トーレスが現役引退を発表・・・。

”神の子”フェルナンド・トーレスが現役引退を発表・・・。

サガン鳥栖に所属している元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが現役引退を発表しました。


オッズで判明! 日本代表は人気なさすぎた?

オッズで判明! 日本代表は人気なさすぎた?

日本代表vsウルグアイ代表の一戦のオッズが驚くべき数値となっていました。


VARは試合を決める!?大舞台で脅威を目の当たりに!

VARは試合を決める!?大舞台で脅威を目の当たりに!

VARの導入が世界各地で進んでいる。もちろん日本でも議論されている。そのVARだが、現在開催中のコパ・アメリカや女子W杯でその威力を見せつけている。


2022年W杯カタール大会・アジア1次予選、モンゴル代表の運命やいかに…。

2022年W杯カタール大会・アジア1次予選、モンゴル代表の運命やいかに…。

2022年ワールドカップ・カタール大会、アジア1次予選が2019年6月6日、6月11日の2日間で開催されました。過去に一度も1次予選を突破したことがないモンゴル代表。果たして運命やいかに…。試合のハイライト動画も交えて、モンゴル現地の様子をお伝えします。