CL準決勝の注目は“古巣対戦”?

CL準決勝の注目は“古巣対戦”?

UEFAチャンピオンズリーグ準決勝は、バルセロナvsリヴァプール、トッテナムvsアヤックスの対戦が決まった。両試合の注目は、古巣と対戦する選手が数多くいる点だ。そこで、古巣対戦が実現した選手を一挙に紹介しよう。


リヴァプールの躍進に貢献した両エース

今シーズン、マンチェスターCと熾烈な優勝争いを繰り広げているリヴァプール。今シーズン以前に優勝争いを経験したのは、13-14シーズンであった。そう、スアレスが31得点で得点王に輝き、コウチーニョが才能を開花しつつあったシーズンであった。

スアレス移籍後のリヴァプールを牽引したコウチーニョと、バルサ移籍後もフレンドリーマッチ等で古巣に訪問するなど、古巣愛を秘めるスアレス。欧州5大リーグで、リーグ最少失点(20失点)のリヴァプール守備陣が2人をどう抑えるか、注目したい。

気になるオッズは?

英大手ブックメーカー188BETのオッズによると、CL準決勝1stレグは、バルセロナ勝利が1.79倍、リヴァプール勝利が4.20倍、引き分けが4.10倍となっている(4月26日現在)。果たして結果はいかに。

アヤックスvs元アヤックスの対戦?

CLのグループリーグでバイエルン相手に互角の勝負を演じ、決勝トーナメントに入り、大会3連覇中のレアルマドリーや、セリエA8連覇を達成したユヴェントスらを撃破したアヤックス。このヤングスター軍団が次に対戦するのはトッテナムだ。

スパーズはマンチェスターCとの準々決勝2ndレグは敗戦したものの、3-4と激戦を繰り広げ、アウェーゴール差で勝ち上がってきた。

そんな同チームに所属する、サンチェス、アルデルワイレルト、ヴェルトンゲン、エリクセンの4選手は元アヤックスの選手だ。

どちらか勝ち、決勝に駒を進めるのかのみならず、“アヤックス対決”にも注目したいところだ。

英大手ブックメーカー188BETのオッズによると、CL準決勝1stレグは、トッテナム勝利が2.31倍、アヤックス勝利が3.05倍、引き分けが3.55倍となっている(4月26日現在)。

このまとめのライター

関連する投稿


【響く】モウリーニョ監督の名言3選!常に結果を残す自信家のコトバとは

【響く】モウリーニョ監督の名言3選!常に結果を残す自信家のコトバとは

サッカー監督のジョゼ・モウリーニョの名言を集めました。


vsマジョルカ戦で見せたスアレスの「バックヒールシュート」が異次元

vsマジョルカ戦で見せたスアレスの「バックヒールシュート」が異次元

久保建英が先発出場した「バルセロナvsマジョルカ」の一戦で、ルイス・スアレスが魅せました。


トッテナムのアリが見せた、2人に囲まれながらの「鬼トラップ」が見事!

トッテナムのアリが見せた、2人に囲まれながらの「鬼トラップ」が見事!

トッテナムのデリ・アリ選手が、プレミア15節でスーパープレイを魅せました。


C.ロナウドがバロンドール授賞式を欠席!…いったいなぜ??

C.ロナウドがバロンドール授賞式を欠席!…いったいなぜ??

12/2に、パリにて世界最高のサッカー選手を決める「バロンドール」の授賞式が催されました。今年の受賞はバルセロナのメッシ選手となりましたが、その会場に候補者のC.ロナウド選手が来なかった…と話題に!その欠席理由に迫ります。


劇的ゴール喜び過ぎでレッドカード2枚!コーナーフラッグ破壊の珍事とは…

劇的ゴール喜び過ぎでレッドカード2枚!コーナーフラッグ破壊の珍事とは…

先日行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第5節。長友佑都が所属するガラタサライ対クラブ・ブルージュの試合で、珍事が発生しました。


最新の投稿


22年ぶりに神奈川県勢4チームがJ1入り! 1998年時のチームと比べてみると・・?

22年ぶりに神奈川県勢4チームがJ1入り! 1998年時のチームと比べてみると・・?

時が流れれば、選手と共にクラブも変化していきます。


【響く】モウリーニョ監督の名言3選!常に結果を残す自信家のコトバとは

【響く】モウリーニョ監督の名言3選!常に結果を残す自信家のコトバとは

サッカー監督のジョゼ・モウリーニョの名言を集めました。


【閲覧注意】E-1選手権vs中国戦での橋岡へのファウルがほぼ少林サッカー

【閲覧注意】E-1選手権vs中国戦での橋岡へのファウルがほぼ少林サッカー

先日行われたE-1選手権日本vs中国戦で、かなり激しいラフプレーが飛び出しました。


大一番で敵地に乗り込んだ東京ドロンパ!試合前の密着動画公開

大一番で敵地に乗り込んだ東京ドロンパ!試合前の密着動画公開

2019年のJリーグ、大一番と言えばなんといっても1位2位の直接対決となった最終節です。そんな大一番に、FC東京のマスコットである東京ドロンパが敵地に乗り込みました。大いにサポーターを盛り上げた、試合前の行動に密着した動画が公開されています。


『世界最年少日本人監督』となった東山晃の挑戦

『世界最年少日本人監督』となった東山晃の挑戦

2018年シーズン、モンゴル1部リーグのアンドゥードゥ・シティFCにて監督を務めた東山晃。当時28歳の彼は『世界最年少日本人監督』として、チームをリーグ戦3位に導いた。今までのサッカー人生を振り返っていただき、なぜ28歳の若さで監督となったのか。また、今後の展望などについてもインタビューをした。