熱すぎる浦和サポーター。実はこれでも平日なんです!

熱すぎる浦和サポーター。実はこれでも平日なんです!

天皇杯準決勝で平日にも関わらず大勢のサポーターが鹿島サッカースタジアムに駆けつけた浦和レッズ。平日開催とは思えないほどの大人数で選手たちを後押ししました!


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

天皇杯準決勝、浦和レッズは鹿島サッカーズタジアムに乗り込み鹿島アントラーズと対戦し、前半27分に挙げたDFマウリシオのゴールを守りきり浦和が勝利。昨年のアジアチャンピオンが今年のアジアチャンピオンに意地を見せ決勝進出を果たしました。ところが、試合中に興梠慎三選手、武藤雄樹選手、青木拓矢選手が怪我でピッチを後にし選手交代を怪我で3枚使い切ってしまうアクシデントに見舞われ、決勝進出に大きな代償を払った形となりました。

辛い状況でも大きな声援で選手たちを後押しした浦和サポーター

試合前日の練習にも・・・

平日にも関わらず鹿島サッカースタジアムを赤・黒・白で染め上げた浦和サポーター。埼玉県から大勢のサポーターが茨城県まで足を運び、選手たちを後押し。さらに試合前日の練習にも大勢のサポーターが集結し練習から試合モードを作り上げていました。この映像を見る限り本当に平日かと思ってしまいますね(笑)サポーターの後押しに押され見事ウノゼロで鹿島を倒した浦和。来たる決勝はホームである埼玉スタジアム2002でクラブ史上初の決勝進出となったベガルタ仙台と対戦します。

神の山公式Twitter

このまとめのライター

みなさんはじめまして。神の山です。好きなチームはアーセナルとモンテディオ山形です。よろしくお願いいたします。

関連するキーワード


浦和レッズ 天皇杯

関連する投稿


天皇杯優勝を決めた浦和レッズ。試合前からファンの期待が大きい結果となっていました!

天皇杯優勝を決めた浦和レッズ。試合前からファンの期待が大きい結果となっていました!

天皇杯優勝を決めた浦和レッズ。ファンの期待にしっかり応え見事優勝を手に入れました!


【速報】宇賀神のスーパーゴールで浦和レッズが7度目の天皇杯制覇!

【速報】宇賀神のスーパーゴールで浦和レッズが7度目の天皇杯制覇!

2018年天皇杯決勝のカードは浦和レッズとベガルタ仙台。試合は宇賀神のスーパーゴールで浦和レッズが優勝しました!


<天皇杯>仙台が初の決勝進出!“みちのくダービー”を制す

<天皇杯>仙台が初の決勝進出!“みちのくダービー”を制す

天皇杯準決勝が5日に行われ、ベガルタ仙台がモンテディオ山形に3-2で勝利し、クラブ史上初の決勝進出を果たした。決勝の相手は鹿島アントラーズに1-0で勝利した浦和レッズである。天皇杯決勝は9日に行われる。


天皇杯準決勝を観戦して感じたJ1チームとJ2チームの結果以上の差。トップレベルを肌で感じた2時間でした!

天皇杯準決勝を観戦して感じたJ1チームとJ2チームの結果以上の差。トップレベルを肌で感じた2時間でした!

天皇杯準決勝、ベガルタ仙台vsモンテディオ山形の一戦で感じたJ1チームとJ2チームの差は結果以上に大きいものでした。


”あるチーム”から主力選手を引き抜かれたチームが過去7年で6回降格という悪夢。その主力選手を引き抜くチームとはいったいどこ!?

”あるチーム”から主力選手を引き抜かれたチームが過去7年で6回降格という悪夢。その主力選手を引き抜くチームとはいったいどこ!?

2012年から”あるチーム”が主力選手を引き抜くとチームが降格するという悪夢の結果が出ています。まるで悪魔のようなチームとはいったいどこなのでしょうか!?


最新の投稿


「簡単な決断ではなかった」セレッソMF・山口蛍がヴィッセルに電撃移籍!

「簡単な決断ではなかった」セレッソMF・山口蛍がヴィッセルに電撃移籍!

セレッソ大阪でプレーするMF山口蛍がヴィッセル神戸に移籍することが発表されました。


トッテナム、新スタジアムを一部のファンへお披露目!

トッテナム、新スタジアムを一部のファンへお披露目!

16日、イングランド・トッテナムホットスパーFCは新スタジアム公開のファンイベントを開催した。このイベントに招待されたのは投票で選ばれた約6000人のシーズンチケットホルダーで、新スタジアムの中で最も象徴的な南スタンドの内部を見て回る機会が与えられた。


お見事!ドルトムントのサインプレーが上手かった

お見事!ドルトムントのサインプレーが上手かった

ドイツ・ブンデスリーガ第15節が行われ、香川真司が所属する首位ドルトムントは、大迫勇也が所属するブレーメンと対戦し、2-1で勝利した。 この試合の前半20分、ドルトムントの先制点のシーンに注目である。


数々のドラマを生む高校サッカー その魅力と問題点とは

数々のドラマを生む高校サッカー その魅力と問題点とは

毎年、夏にはインターハイ、冬には全国高校サッカー選手権大会が開催されている。多くの部員がインターハイや選手権で全国大会に出場すること、優勝することを夢見て日々練習に励んでいる。今回はそんな高校サッカーの魅力と問題点に 触れていく。


得点後のサラーに「笑顔」がないのは何故?ルイスガルシアはこう推測する。

得点後のサラーに「笑顔」がないのは何故?ルイスガルシアはこう推測する。

今シーズンもリバプールに必要不可欠な存在として君臨する「エジプトの王」モハメド・サラー。リーグ戦ではここまで10得点を挙げアーセナルFWピエール・エメリク・オーバメヤンと並び得点ランクトップに立っている。 そんな彼だがここ最近、得点を決めた後に「笑顔がない」というのだ。 一体何故なのか?元スペイン代表でリバプールでも活躍したルイス・ガルシアが推測する。