<天皇杯>仙台が初の決勝進出!“みちのくダービー”を制す

<天皇杯>仙台が初の決勝進出!“みちのくダービー”を制す

天皇杯準決勝が5日に行われ、ベガルタ仙台がモンテディオ山形に3-2で勝利し、クラブ史上初の決勝進出を果たした。決勝の相手は鹿島アントラーズに1-0で勝利した浦和レッズである。天皇杯決勝は9日に行われる。


ジャーメイン良が1G2Aの活躍!

この試合の勝利の立役者はジャーメイン良だ。天皇杯3試合連続ゴールとなる先制点を左足ボレーで豪快に決めたのを皮切りに、チームの全得点に絡む1ゴール2アシストの活躍を見せた。

決勝の相手は浦和!

天皇杯決勝で待ち受ける相手は浦和レッズだ。ACL前回王者vsACL王者の一戦は、“ACL前回王者”に軍配が上がった。レッズは3年ぶりの決勝進出を果たし、12大会ぶりの優勝を狙う。

“みちのくダービー”のハイライト

リーグ戦はレッズが1勝1分

両者の今シーズンのリーグ戦は浦和レッズが1勝1分と優勢である。だが、今勢いに乗るジャーメイン良が出場していなかった。そして、ともに1-0と1-1の拮抗した試合であり、1発勝負の決勝は、どちらか勝ってもおかしくない。最後に笑うのはどっちだ。

このまとめのライター

関連する投稿


天皇杯優勝を決めた浦和レッズ。試合前からファンの期待が大きい結果となっていました!

天皇杯優勝を決めた浦和レッズ。試合前からファンの期待が大きい結果となっていました!

天皇杯優勝を決めた浦和レッズ。ファンの期待にしっかり応え見事優勝を手に入れました!


【速報】宇賀神のスーパーゴールで浦和レッズが7度目の天皇杯制覇!

【速報】宇賀神のスーパーゴールで浦和レッズが7度目の天皇杯制覇!

2018年天皇杯決勝のカードは浦和レッズとベガルタ仙台。試合は宇賀神のスーパーゴールで浦和レッズが優勝しました!


熱すぎる浦和サポーター。実はこれでも平日なんです!

熱すぎる浦和サポーター。実はこれでも平日なんです!

天皇杯準決勝で平日にも関わらず大勢のサポーターが鹿島サッカースタジアムに駆けつけた浦和レッズ。平日開催とは思えないほどの大人数で選手たちを後押ししました!


天皇杯準決勝を観戦して感じたJ1チームとJ2チームの結果以上の差。トップレベルを肌で感じた2時間でした!

天皇杯準決勝を観戦して感じたJ1チームとJ2チームの結果以上の差。トップレベルを肌で感じた2時間でした!

天皇杯準決勝、ベガルタ仙台vsモンテディオ山形の一戦で感じたJ1チームとJ2チームの差は結果以上に大きいものでした。


<天皇杯>3年ぶりの“みちのくダービー”が実現!対戦カードが決まる

<天皇杯>3年ぶりの“みちのくダービー”が実現!対戦カードが決まる

天皇杯全日本サッカー選手権の準々決勝が21日に行われ、鹿島アントラーズがヴァンフォーレ甲府を1-0で下した。この結果、鹿島が出場するクラブW杯の日程により、天皇杯準決勝、鹿島アントラーズvs浦和レッズ、ベガルタ仙台vsモンテディオ山形の一戦が12月5日に行われることとなった。


最新の投稿


「簡単な決断ではなかった」セレッソMF・山口蛍がヴィッセルに電撃移籍!

「簡単な決断ではなかった」セレッソMF・山口蛍がヴィッセルに電撃移籍!

セレッソ大阪でプレーするMF山口蛍がヴィッセル神戸に移籍することが発表されました。


トッテナム、新スタジアムを一部のファンへお披露目!

トッテナム、新スタジアムを一部のファンへお披露目!

16日、イングランド・トッテナムホットスパーFCは新スタジアム公開のファンイベントを開催した。このイベントに招待されたのは投票で選ばれた約6000人のシーズンチケットホルダーで、新スタジアムの中で最も象徴的な南スタンドの内部を見て回る機会が与えられた。


お見事!ドルトムントのサインプレーが上手かった

お見事!ドルトムントのサインプレーが上手かった

ドイツ・ブンデスリーガ第15節が行われ、香川真司が所属する首位ドルトムントは、大迫勇也が所属するブレーメンと対戦し、2-1で勝利した。 この試合の前半20分、ドルトムントの先制点のシーンに注目である。


数々のドラマを生む高校サッカー その魅力と問題点とは

数々のドラマを生む高校サッカー その魅力と問題点とは

毎年、夏にはインターハイ、冬には全国高校サッカー選手権大会が開催されている。多くの部員がインターハイや選手権で全国大会に出場すること、優勝することを夢見て日々練習に励んでいる。今回はそんな高校サッカーの魅力と問題点に 触れていく。


得点後のサラーに「笑顔」がないのは何故?ルイスガルシアはこう推測する。

得点後のサラーに「笑顔」がないのは何故?ルイスガルシアはこう推測する。

今シーズンもリバプールに必要不可欠な存在として君臨する「エジプトの王」モハメド・サラー。リーグ戦ではここまで10得点を挙げアーセナルFWピエール・エメリク・オーバメヤンと並び得点ランクトップに立っている。 そんな彼だがここ最近、得点を決めた後に「笑顔がない」というのだ。 一体何故なのか?元スペイン代表でリバプールでも活躍したルイス・ガルシアが推測する。