”ピカチュウ”ゲットにJ複数クラブが興味!ついに日本上陸か?

”ピカチュウ”ゲットにJ複数クラブが興味!ついに日本上陸か?

今春、J1ガンバ大阪への移籍も話題になったヴァスコ・ダ・ガマのMFヤーゴ・ピカチュウだが、ここにきてJリーグへの移籍話が再燃している模様だ。


ブラジルメディア『UOL』は、Jリーグのクラブとの交渉は約2ヵ月前から始まっており、年末までには更に進展があるだろうと伝えている。
また国内やアメリカのクラブも調査を行っているようだが、いずれにせよクラブを離れる可能性は高いと言われている。

本職はSB?彼のプレーを動画で見よう

ヤーゴ・ピカチュウことグライビソン・ヤーゴ・ソウザ・リスボアはブラジル・ベレン出身の26歳。本職はSBだが、今シーズンはチームトップの19ゴールを挙げ、一部ではセレソンに推す声も出ていると言う。

”ピカチュウ”というニックネームの由来

「ピカチュウ(Pikachu)」というニックネームは、トゥナ・ルソ在籍時にコーチから名付けられたもので、日本のゲームソフト『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター「ピカチュウ」と同様、身体が小さく、すばしっこい動きをしていたことに由来する。本人はこの呼称について「はじめは好きではなかったし、チームメイトにそう呼ばれた時は怒りもしたが、時間が経つにつれて慣れたんだ」と語っている

現実味が帯びてきた”ピカチュウ”の日本上陸。仮に移籍が決まれば、人気が出ることは間違いないだろう

このまとめのライター

執筆をする傍ら、「オフザピッチ」を扱うフットボールカルチャーサイト『TheCultureDivision』にて写真活動を行っています。

love the culuture around football.

Twitter/instagram フォロー是非

関連する投稿


公式戦1000試合出場の遠藤保仁。彼のプレーや特徴を動画で振り返る

公式戦1000試合出場の遠藤保仁。彼のプレーや特徴を動画で振り返る

遠藤保仁選手が1998年にプロ入りしてから、2019年現在までに出場した試合数はなんと「1000試合」。 大きな金字塔を打ち立てた遠藤選手のプレーや特徴を動画で振り返ります。


サッカー海外組のリアルな移籍事情

サッカー海外組のリアルな移籍事情

選手の移籍情報が活発に飛び交っている昨今。この夏の期間は、ヨーロッパ主要国以外でプレーしている日本人選手たちも、例外なく移籍が多くなる時期です。そこで今回は、私自身が新しいチームと契約をするまでに経験してきたことをご紹介します。


2013シーズン、J2を戦ったガンバ大阪のメンバーが最強すぎでした・・・。

2013シーズン、J2を戦ったガンバ大阪のメンバーが最強すぎでした・・・。

2013シーズン、J2リーグを戦ったガンバ大阪のメンバーが最強すぎました!


ガンバ大阪に超大物芸人が電撃加入していた!?

ガンバ大阪に超大物芸人が電撃加入していた!?

ガンバ大阪の夏の新加入として、なんと超大物芸人が加入していたようです・・・。


【プレー動画】スパーズ移籍が秒読みに!フランス代表MFタンギ・エンドンべレとは

【プレー動画】スパーズ移籍が秒読みに!フランス代表MFタンギ・エンドンべレとは

トッテナムがリーグアンのリヨンに所属するフランス代表MFタンギ・エンドンべレの獲得に迫っていると各メディアが伝えている。1年半ぶりとなる補強はクラブレコードとなる6500万ユーロ(約75億円)での契約となりそうだ。


最新の投稿


そこ止めちゃう!?テア・シュテーゲンのビッグセーブにピケも唖然・・・

そこ止めちゃう!?テア・シュテーゲンのビッグセーブにピケも唖然・・・

テア・シュテーゲンのビッグセーブにさすがのピケも唖然・・・


誰でも好きになっちゃう!?マルセロの動画を発見!!

誰でも好きになっちゃう!?マルセロの動画を発見!!

マルセロが好きになる動画を発見しました!


通算700得点達成のC.ロナウド。この快挙に対して発した言葉が異次元すぎます!

通算700得点達成のC.ロナウド。この快挙に対して発した言葉が異次元すぎます!

境地に達した彼にしか話せない言葉の重みがあります。


母国スウェーデンにイブラヒモビッチの銅像が誕生!

母国スウェーデンにイブラヒモビッチの銅像が誕生!

母国スウェーデンにイブラヒモビッチの銅像が誕生したようです!


モンゴルの孤児施設でサッカーイベントを開催!

モンゴルの孤児施設でサッカーイベントを開催!

『KAZUTAKA OTSU 蹴球サロン』のプロジェクト第2弾として、モンゴルの孤児施設の子供達向けにサッカーイベントを開催。 孤児施設に預けられている子供達を取り巻く環境は、とても厳しい現実が存在します。まずは、その事実をより多くの方に知っていただくことが必要だと思い、ゴラッソ内での記事として、シェアさせていただきました。イベント当日の様子や、子供達の取り巻く環境についての詳細をご紹介します。