キリンチャレンジ杯 日本代表、ベネズエラと痛み分け

キリンチャレンジ杯 日本代表、ベネズエラと痛み分け

11月16日(金)大分スポーツ公園総合競技場でキリンチャレンジカップ2018日本代表VSベネズエラ代表の試合が行われ、1-0で日本代表が勝利した


ウルグアイ戦から3選手を入れ替える

11月16日、キリンチャレンジカップ2018日本代表VSベネズエラ代表の試合が大分スポーツ公園総合競技場で行われた。同試合では、日本代表選手の乗ったバスが渋滞に巻き込まれ選手の到着時間が大幅に遅れ、予期せぬ事態となったが、試合は予定通りキックオフを迎えた。

新体制4試合目となる森保監督は前回のウルグアイ戦(4-3で勝利)から3選手を入れ替た。GKにA代表デビューとなるシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)、最終ラインに東京五輪世代のDF冨安健洋(シント=トロイデン)、“森保チルドレン”の一人であるDF佐々木翔(サンフレッチェ広島)を起用した。日本代表のスターティングメンバーは以下の通り

GK
シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

DF
酒井宏樹(マルセイユ)
冨安健洋(シント=トロイデン)
吉田麻也(サウサンプトン)
佐々木翔(広島)

MF
遠藤 航(シント=トロイデン)
柴崎 岳(ヘタフェ)
中島翔哉(ポルティモネンセ)
南野拓実(ザルツブルク)
堂安 律(フローニンゲン)

FW
大迫勇也(ブレーメン)

前半39分に酒井宏樹が先制ゴールもPKで追いつかれ1-1のドロー

先制ゴールを決めた酒井

日本は序盤は攻め込まれる苦しい展開が続いたが、徐々に流れを引き寄せると前半39分にタッチライン際でフリーキックを獲得。10番中島翔哉のFKを19番、酒井宏樹がボレーで合わせて先制となるゴールを決めた。前半はこのまま終了し、1-0で後半を迎えた。

後半、日本は中島や堂安、南野らが見せ場を作るも得点には至らない。さらに、北川航也、原口元気、伊東純也、杉本健勇を投入するも追加点を奪えない。

試合も終盤を迎え、逃げ切りムードが漂う中、この日先制ゴールを決めた酒井宏樹がペナルティエリア内で相手を倒し、PKを与える。これをベネズエラの8番、リンコンに決められ土壇場で同点に追いつかれる。

その後、原口らを中心に相手ゴールに迫るも勝ち越し点を奪えない。アディショナルタイムには吉田麻也がゴールネットを揺らすもオフサイドの判定。試合はこのまま1-1の引き分けに終わり、日本代表史上初の初陣から4連勝を達成することはなかった。




このまとめのライター

様々な記事を執筆する若手ライターです

関連する投稿


25年の現役生活を送った川口能活を支えた”あるもの”とは!?

25年の現役生活を送った川口能活を支えた”あるもの”とは!?

川口能活さんが現役時代、支えられた”あるもの”とはいったいなんだったのでしょうか?


日本サッカー史に刻まれる「ドーハの悲劇」を振り返る

日本サッカー史に刻まれる「ドーハの悲劇」を振り返る

我々にとっては思い出したくないドーハの悲劇ですが、この体験を経て日本サッカーは大きな成長を遂げました。


DFとしてポリバレントな活躍を見せる、日本代表、富安健洋の特徴とプレー集!

DFとしてポリバレントな活躍を見せる、日本代表、富安健洋の特徴とプレー集!

センターバックとサイドバックを高いレベルでこなす日本代表、富安健洋選手。 20歳という若さでこれだけ質の高いプレーを見せるのは、我々にとって希望でしかありません!


吉田麻也のハイタッチが華麗にスルーされていた!?

吉田麻也のハイタッチが華麗にスルーされていた!?

吉田麻也選手のハイタッチ映像が話題となっています。


W杯予選で日本と同組、モンゴル代表vsミャンマー代表の現地レポート

W杯予選で日本と同組、モンゴル代表vsミャンマー代表の現地レポート

2022年ワールドカップ・カタール大会、アジア二次予選兼2023年アジアカップ予選が9月5日にスタート。日本代表はキルギス・タジキスタン・ミャンマー・モンゴルと同じグループFとなりました。グループFの開幕戦となった、モンゴル代表対ミャンマー代表の試合を現地観戦しましたので、その様子をお伝えします。(筆者:モンゴル1部リーグ、FCウランバートル所属・大津一貴)


最新の投稿


そこ止めちゃう!?テア・シュテーゲンのビッグセーブにピケも唖然・・・

そこ止めちゃう!?テア・シュテーゲンのビッグセーブにピケも唖然・・・

テア・シュテーゲンのビッグセーブにさすがのピケも唖然・・・


誰でも好きになっちゃう!?マルセロの動画を発見!!

誰でも好きになっちゃう!?マルセロの動画を発見!!

マルセロが好きになる動画を発見しました!


通算700得点達成のC.ロナウド。この快挙に対して発した言葉が異次元すぎます!

通算700得点達成のC.ロナウド。この快挙に対して発した言葉が異次元すぎます!

境地に達した彼にしか話せない言葉の重みがあります。


母国スウェーデンにイブラヒモビッチの銅像が誕生!

母国スウェーデンにイブラヒモビッチの銅像が誕生!

母国スウェーデンにイブラヒモビッチの銅像が誕生したようです!


モンゴルの孤児施設でサッカーイベントを開催!

モンゴルの孤児施設でサッカーイベントを開催!

『KAZUTAKA OTSU 蹴球サロン』のプロジェクト第2弾として、モンゴルの孤児施設の子供達向けにサッカーイベントを開催。 孤児施設に預けられている子供達を取り巻く環境は、とても厳しい現実が存在します。まずは、その事実をより多くの方に知っていただくことが必要だと思い、ゴラッソ内での記事として、シェアさせていただきました。イベント当日の様子や、子供達の取り巻く環境についての詳細をご紹介します。