BARをオープンしたヴィッセル神戸。告知のために貼ってあったポスターがもはやJリーグではありませんでした!

BARをオープンしたヴィッセル神戸。告知のために貼ってあったポスターがもはやJリーグではありませんでした!

BARをオープンしたヴィッセル神戸。試合告知のポスターもさすがでした!


Getty logo

明治安田生命J1リーグ第18節、ヴィッセル神戸はホームのノエビアスタジアム神戸で柏レイソルと対戦し、後半66分に決めた増山朝陽選手が決めたゴールを守り切り1-0で勝利。アンドレス・イニエスタも先発出場し後半82分まで精力的にプレー。吸い付くようなトラップを見せるなどサポーターを沸かせチームの勝利に貢献し、加入後初勝利をモノにしました。ひとまず勝利し一安心といったところの神戸ですが、試合前に駅中でVISSEL×BARをオープン。その駅にあった試合告知のポスターがもはやJリーグではありませんでした。(笑)

VISSEL×BARの様子と試合告知のポスター

サッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸は28日、神戸市営地下鉄海岸線三宮・花時計前駅の改札前に「VISSEL×BAR(ヴィッセルバー)」を開いた。店内のスクリーンにJ1神戸の試合映像を流し、グッズショップも併設する。

ノエビアスタジアム神戸の最寄り駅の線内にオープンしたVISSEL×BAR。年中無休で営業しており、営業時間は11時~22時まで。さらにホームゲーム開催時は23時まで営業しており、試合が終わった後のサポーターの憩いの場となりそうです。また駅に貼ってあった試合告知のポスターですが、見てみると神戸の2枚看板であるイニエスタとポドルスキが揃って映っており強烈なインパクトを与えています!数年前まではありえなかったこの光景。ワールドカップを制した選手がチームの所属選手としてポスターに起用されている今、Jリーグが変わろうとしているのがポスターからひしひしと感じますね。

神の山公式ツイッター

このまとめのライター

みなさんはじめまして。神の山です。好きなチームはアーセナルとモンテディオ山形です。よろしくお願いいたします。

関連する投稿


ヴィッセル神戸で輝きを放つスピードスター!古橋亨梧ってどんな選手?

ヴィッセル神戸で輝きを放つスピードスター!古橋亨梧ってどんな選手?

FC岐阜を経て2018シーズンからヴィッセル神戸でプレーする古橋亨梧選手。スター選手たちが並ぶ神戸でもしっかりと結果を出し続けています。


”次元の違い”を見せつけるイニエスタのスーパープレーを見よ!

”次元の違い”を見せつけるイニエスタのスーパープレーを見よ!

イニエスタのプレーが「異次元すぎる」と話題を呼んでいます


個性が現れる!? Jリーグで活躍する外国人選手の着用スパイクを紹介!

個性が現れる!? Jリーグで活躍する外国人選手の着用スパイクを紹介!

サッカー選手はチームで統一したユニホームを着るため、見た目での大きな違いはありません。しかし、「スパイク」だけは選手それぞれが選んだものを着用するため個性が現れます。今回は、イニエスタ選手やトーレス選手など、Jリーグで活躍する外国人選手の履いているスパイクに注目してみました!


これで9人目!? ヴィッセル神戸がバルセロナからベルギー代表DFを獲得!?

これで9人目!? ヴィッセル神戸がバルセロナからベルギー代表DFを獲得!?

ヴィッセル神戸がバルセロナからベルギー代表DFを獲得するようです。


バルサの至宝がラ・リーガ公式アイコンに就任!

バルサの至宝がラ・リーガ公式アイコンに就任!

2018年夏にFCバルセロナからヴィッセル神戸に電撃移籍したアンドレス・イニエスタがラ・リーガの公式アイコンに就任した。22日に都内某所で就任発表会を行った。


最新の投稿


そこ止めちゃう!?テア・シュテーゲンのビッグセーブにピケも唖然・・・

そこ止めちゃう!?テア・シュテーゲンのビッグセーブにピケも唖然・・・

テア・シュテーゲンのビッグセーブにさすがのピケも唖然・・・


誰でも好きになっちゃう!?マルセロの動画を発見!!

誰でも好きになっちゃう!?マルセロの動画を発見!!

マルセロが好きになる動画を発見しました!


通算700得点達成のC.ロナウド。この快挙に対して発した言葉が異次元すぎます!

通算700得点達成のC.ロナウド。この快挙に対して発した言葉が異次元すぎます!

境地に達した彼にしか話せない言葉の重みがあります。


母国スウェーデンにイブラヒモビッチの銅像が誕生!

母国スウェーデンにイブラヒモビッチの銅像が誕生!

母国スウェーデンにイブラヒモビッチの銅像が誕生したようです!


モンゴルの孤児施設でサッカーイベントを開催!

モンゴルの孤児施設でサッカーイベントを開催!

『KAZUTAKA OTSU 蹴球サロン』のプロジェクト第2弾として、モンゴルの孤児施設の子供達向けにサッカーイベントを開催。 孤児施設に預けられている子供達を取り巻く環境は、とても厳しい現実が存在します。まずは、その事実をより多くの方に知っていただくことが必要だと思い、ゴラッソ内での記事として、シェアさせていただきました。イベント当日の様子や、子供達の取り巻く環境についての詳細をご紹介します。