「サッカー」×「ビリヤード」の融合スポーツ「ビリッカー」を体験取材!

「サッカー」×「ビリヤード」の融合スポーツ「ビリッカー」を体験取材!


ビリッカー?とは?

 「サッカー」×「ビリヤード」の融合スポーツ「ビリッカー」は、フランス生まれの新興スポーツで、日本では数年前からプレーされるようになりました。最近「サッカー」×「別のスポーツ」の融合スポーツで人気を獲得しているものがいくつかありますが、次にブレイクする融合スポーツの1つは、確実にビリッカーではないでしょうか。

 ビリッカーは12月2日(土)に放送された、テレビ朝日の「真夜中のプリンス」で、出演者がプレーしたことでも話題になっています。

 以下の動画は「音楽」×「サッカー」の融合等、様々なパフォーマンスを展開するフットボールエンターテイメント集団、球舞(きゅうぶ)のMARCO.氏出演の元、日本ビリッカー協会が制作したプロモーションです。ビリッカーは、老若男女問わず楽しめるスポーツであるのと同時に、こちらの動画のように「魅せる」というエンターテイメント要素も併せ持つ、奥が深い存在なのです。

 今回、日本ビリッカー協会の協力のもと、実際に筆者がビリッカーを体験取材してきました。

そもそもビリッカーってどうやってやるの?

(撮影協力:日本ビリッカー協会)

 ビリッカーのフィールドはビリヤード台を大きくしたようなデザインで、台ではなく地面に置かれています。その中に実際に入り、ビリヤードでいうところの手球を蹴って進めていきます。手球はサッカーボールを使用。キューはありません。使っていいのは足と頭(ヘディング)です。サッカーの要素もありますが、ルールは全てビリヤードのルールが適用されます。

 靴については、フィールドの素材や踏み心地上、スパイクより普通の運動靴のほうが適しています。ゲームは1対1でもプレーすることができますが、複数名のチームに分かれてプレーするスタイルが定番となっているそうです。

 ビリヤードにはいくつかゲームスタイルがありますが、今回筆者が体験したのは定番のナインボール。最も小さい数字の的球に手球を当て、先に9番ボールをポケットに入れた側が勝利となります。

 ビリッカーでは1回目のキックのことをブレイクシュート(ショット)といいます。ブレイクシュートは決められたライン上にボールを置いて行います。ライン上であればどの位置から蹴っても良く、蹴る際に踏み込む足がラインをはみ出すことは問題ありません。

 ブレイクシュート後、手球が乗った位置によってはフチに上がってキックすることもできます。フィールドが狭いことやゲームの仕組み上、インサイドキックやトーキックの使い勝手が良いですが、蹴り方は自由なので、例えばチップキックで手球を地面から浮かせるやり方で狙うことも認められています。サッカーのテクニックがあるプレーヤーの場合、この条件のフィールドだからこそ様々なテクニックで個性を発揮しやすい部分もあり、観戦する側としても楽しめます。

 ファウルになると対戦相手のターンになります。(ファウルの基準もビリヤードに沿っています)その際、手球は好きな場所に置けるので、例えば最も小さい数字の的球の真正面に置いてスタートすることもできます。

 サッカー経験者同士の対戦だと、1ゲームあたり10~15分程度の所要時間が目安になります。

サッカー経験者でも難しい!?ビリッカーの蹴り心地

 「ビリッカーは勝利にこだわると、けっこう難しい」筆者はそのように感じました。予想していたよりボールが進まなかったり、逆に進みすぎたりするからです。筆者のようにボールの扱いに不慣れなサッカー未経験者限定ではなく、サッカー経験者であっても同じことを感じる方が多いそう。

 ビリッカーで使用するのは3号級のサッカーボール。サッカー経験者はそのサイズと軽さのボールのコントロールに慣れていなかったり、ビリッカーのように散らばったボール達を弾き飛ばすための練習を経験していなかったりする方がほとんどだからです。

 サッカー経験者の場合は、元々ボールのコントロールができるという自信を持っていることが多く、特にビリッカーのような小型のフィールドだと「簡単だろう」という油断をしやすいかもしれません。しかし、一度蹴ってみれば、この難しさはすぐに伝わるはずです。

 サッカーの要素はありつつも、サッカーとは全然違う戦い方、考え方を求められるビリッカー。ビリヤードが得意な方だと戦略の構築が上手い傾向にあるのだとか。実際、ビリヤードが得意な方がサッカー経験者に勝利したこともあったそうです。サッカーもビリヤードも好きなら、ビリッカーはまさにピッタリのスポーツ。追求性にも期待できるので、凝り性な方にもおすすめです。

サッカー初心者と未経験者がビリッカーを楽しむコツ

 「経験」が勝敗を決めるとは限らなくても、サッカー初心者と未経験者は、慣れるまで少々手球の扱いに手こずるかもしれません。

 ナインボールの場合は当てなければならない的球が決まっていることもあり、重視したいのはブレイクシュートです。先行でプレーするとして、これを外してしまうと勝負の空気の流れに影響を及ぼしやすいです。ブレイクシュートはライン上であればどの位置から蹴っても良いですが、次の手の戦略の幅が広がるのは左右どちらかの位置からのキックです。しかし、サッカー未経験者でフットサル少々という筆者の感覚では、戦略の幅を切り捨てても、慣れるまでは中央の位置にボールを置いてトーキックが確実だと感じました。

 ブレイクシュート時、1番の的球は先頭の位置に置かれています。トーキックの場合、前に送ることに特化しているので、当てる位置にこだわりを持つことはできませんが、1番の的球に当てやすくファウルになりづらくなるので、おすすめです。

 次第に蹴ることに慣れてきたら、左右どちらかの位置からのキックで位置や角度にこだわってみると、楽しみ方が増えていくのではないでしょうか。

 戦略の構築やコントロールには集中力が必要になり、メンタルスポーツの一面も持つビリッカーですが、手球が当てなければならない的球に当たってくれると、純粋に楽しいです。的球がポケットに入ったときの気持ち良さも格別で、童心に返って無邪気にはしゃぎたくなります。「奥深さ」も「ゲームとしての純粋なおもしろさ」も兼ね備えているビリッカーは、エンジョイ志向にも、競技志向にもどちらにも適することができる、柔軟なスポーツです。

ビリッカーはどこでプレーできるか

 ビリッカーをプレーするには、現在のところ懇親会やパーティー等のイベント時に日本ビリッカー協会から一式をレンタルする方法が主流となっています。その他、企業同士の交流会で使用された実績もあるのだとか。

 お酒を飲みながら友人とビリヤードを楽しんだ経験を持つ方もいるかと思いますが、ビリッカーもそのような場面での相性が良いスポーツではないでしょうか。お酒を飲みつつプレー。盛り上がること必至です。忘年会や新年会で何かおもしろいことをしたい、仲間とより深く打ち解けられる何かをしたいと考えている幹事さんは要注目です。

 ビリッカーはサッカーのように走り回るといった動作がないので、体力的な面を理由にサッカーを引退したという方を含めて、幅広い層がプレーしやすく、娯楽、生涯スポーツ等、様々な展開に期待できます。エンジョイ志向も競技志向も。そしてパフォーマンスとしても。プレーする人、プレーする場面に合わせて、くるくると表情を変えることができるビリッカーの今後に期待しましょう!

インフォメーション

【ビリッカー問い合わせ先】
日本ビリッカー協会
URL:http://billiccer.jp
TEL:03-6809-2481(お問い合わせ受付:平日10:00~18:00)

懇親会、打ち上げ、誕生日会等、各種イベントでビリッカーの設備一式をレンタル可能です。
ビリッカーは体験会やイベントも定期的に実施されています。各種問い合わせは日本ビリッカー協会までお願いします。

ビリッカーのルールの参考に、以下の動画もおすすめです。

このまとめのライター

関連するキーワード


ビリッカー 新感覚スポーツ

関連する投稿




初体験!マルカリ、新感覚スポーツに挑戦!

初体験!マルカリ、新感覚スポーツに挑戦!

マルカリコラムです。今回はマルカリさんが先日体験した新感覚スポーツについてのコラムです。


みんなで楽しめる!埼玉発の新感覚スポーツが全国を席巻中!

みんなで楽しめる!埼玉発の新感覚スポーツが全国を席巻中!

さいたま市といえば、言わずと知れたサッカー王国。そんな街でサッカーに似た新しい競技が生まれ、注目を集めている。



最新の投稿



u-12キングオブストライカー2019が開催!第1回優勝は埼玉の強豪チーム!

u-12キングオブストライカー2019が開催!第1回優勝は埼玉の強豪チーム!

8/31(土)、柏レイソルやヴァンフォーレ甲府で活躍した元Jリーガー長谷川太郎氏が代表を務める一般社団法人TREが第1回キングオブストライカー2019を開催した。


ドルトムントの紙吹雪コレオが美しすぎると話題に!

ドルトムントの紙吹雪コレオが美しすぎると話題に!

ドルトムントサポーターが仕掛けた紙吹雪コレオが話題となっています!


横浜FマリノスDFチアゴ・マルチンス。実は超絶お茶目だった!?

横浜FマリノスDFチアゴ・マルチンス。実は超絶お茶目だった!?

チアゴのお茶目な行動が面白すぎました。


【クラブ紹介】アトレティコマドリードってどんなチーム?スタイルや特徴を紹介!

【クラブ紹介】アトレティコマドリードってどんなチーム?スタイルや特徴を紹介!

クラブの特徴やスタイルを知ればもっとサッカーが楽しくなる!