フリースタイルフットボール、権威ある世界大会で日本人が快挙!

フリースタイルフットボール、権威ある世界大会で日本人が快挙!

フリースタイルフットボールの権威ある世界大会「Super Ball 2017」で日本人チームが快挙です。


 8月26日、フリースタイルフットボールの権威ある世界大会「Super Ball 2017」がチェコ共和国プラハ市で開催され、日本人チームALEG‐Re(アレッグ)のYOSSHI(ヨッシー)&YU-J(ユージ)がダブル・ルーティン部門で2位、YOSSHIがソロ・ルーテイン部門で3位を獲得。ALEGRe(アレッグ)は、「Super Ball 2015」でアジア人初の世界チャンピオンに輝き、翌年の「同2016」でも続けてソロ・ルーティン部門2位、ダブル・ルーティン部門3位に、そして今年と、3年連続しての栄冠を勝ち得るという快挙を成し遂げました。
また、バトル部門に出場した日本の次世代エアムーブ集団の異名をとるチームAir technician(エア テクニシャン)においては、YO(ヨウ)がベスト8、Kazane(カザネ)がベスト16入りし、こちらもアジア最高位の結果を残しました。

 フリースタイルフットボールは、リフティングやドリブルなどのサッカーテクニックにダンス要素を採り入れ、独自に発展させたストリートスポーツです。
世界大会「Super Ball 2017」は、世界中のフリースタイルフットボール選手たちがこぞってその頂点を目指す、世界フリースタイルフットボール連盟によって認可された権威ある大会であり、今年は55カ国から選手がエントリーしています。

 大会では、ALEG-Reが一昨年・昨年に続き、堂に入ったパフォーマンスを披露。惜しくもチャンピオン奪回を逃したYOSSHIですが、出場選手の間では“1位に匹敵する演技”という高い評価を得、本人も「100%ではなかったが、満足のいく演技が出来た」とコメントしています。一方、バトル部門では、ベスト16の時点で同チームのYOとKazaneが対戦することとなり、両選手共のベスト8入賞とはならなかったが、ベスト16に日本人選手が2名も入るという快進撃となりました。

※お知らせ
9月6・7・8日(水・木・金)、『ギフト・ショー2017』(於:東京ビッグサイト)
FOOOTYブースで、ALEG‐Re、Air technicianが、FOOOTY商品を使用し、パフォーマンスを披露致します。
(時間は、いずれも11:00~、13:00~を予定
6日:ALEG-Re、7日:Air technician、8日:ALEG-Re, Air technician)

このまとめのライター

関連するキーワード


ALEG‐Re フリースタイル

関連する投稿



ロシアの首都モスクワで行われていたフットボールのパフォーマンスのレベルが高すぎでした!

ロシアの首都モスクワで行われていたフットボールのパフォーマンスのレベルが高すぎでした!

モスクワで行われていたフットボールのパフォーマンスのレベルが高すぎます!


「エアーテクニシャン」 promotion movie「戦う」

「エアーテクニシャン」 promotion movie「戦う」

フリースタイルフットボールチーム「Team Air Technician(エアーテクニシャン)」としても活動している、ibuki、YO、Kazaneのpromotion movieが完成しました!



真上に上げた物を何でも頭に乗せられる(?)男のチャレンジが話題に

真上に上げた物を何でも頭に乗せられる(?)男のチャレンジが話題に

フリースタイラージェームズJの神業(?)動画が話題になっています。


最新の投稿


カメラに向かって語ったブラジル女子代表マルタの熱いメッセージとは

カメラに向かって語ったブラジル女子代表マルタの熱いメッセージとは

現在開催中のサッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会は23日、各地で決勝トーナメント1回戦2試合が行われ、ブラジル代表は開催国フランスに延長戦の末1-2で敗れ準々決勝進出とはならなかった。試合後ブラジル代表のエースであるマルタにカメラを向けると、次世代の選手に向けて熱いメッセージが語られた。


”神の子”フェルナンド・トーレスが現役引退を発表・・・。

”神の子”フェルナンド・トーレスが現役引退を発表・・・。

サガン鳥栖に所属している元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが現役引退を発表しました。


オッズで判明! 日本代表は人気なさすぎた?

オッズで判明! 日本代表は人気なさすぎた?

日本代表vsウルグアイ代表の一戦のオッズが驚くべき数値となっていました。


VARは試合を決める!?大舞台で脅威を目の当たりに!

VARは試合を決める!?大舞台で脅威を目の当たりに!

VARの導入が世界各地で進んでいる。もちろん日本でも議論されている。そのVARだが、現在開催中のコパ・アメリカや女子W杯でその威力を見せつけている。


2022年W杯カタール大会・アジア1次予選、モンゴル代表の運命やいかに…。

2022年W杯カタール大会・アジア1次予選、モンゴル代表の運命やいかに…。

2022年ワールドカップ・カタール大会、アジア1次予選が2019年6月6日、6月11日の2日間で開催されました。過去に一度も1次予選を突破したことがないモンゴル代表。果たして運命やいかに…。試合のハイライト動画も交えて、モンゴル現地の様子をお伝えします。