フリースタイルフットボール、権威ある世界大会で日本人が快挙!

フリースタイルフットボール、権威ある世界大会で日本人が快挙!

フリースタイルフットボールの権威ある世界大会「Super Ball 2017」で日本人チームが快挙です。


 8月26日、フリースタイルフットボールの権威ある世界大会「Super Ball 2017」がチェコ共和国プラハ市で開催され、日本人チームALEG‐Re(アレッグ)のYOSSHI(ヨッシー)&YU-J(ユージ)がダブル・ルーティン部門で2位、YOSSHIがソロ・ルーテイン部門で3位を獲得。ALEGRe(アレッグ)は、「Super Ball 2015」でアジア人初の世界チャンピオンに輝き、翌年の「同2016」でも続けてソロ・ルーティン部門2位、ダブル・ルーティン部門3位に、そして今年と、3年連続しての栄冠を勝ち得るという快挙を成し遂げました。
また、バトル部門に出場した日本の次世代エアムーブ集団の異名をとるチームAir technician(エア テクニシャン)においては、YO(ヨウ)がベスト8、Kazane(カザネ)がベスト16入りし、こちらもアジア最高位の結果を残しました。

 フリースタイルフットボールは、リフティングやドリブルなどのサッカーテクニックにダンス要素を採り入れ、独自に発展させたストリートスポーツです。
世界大会「Super Ball 2017」は、世界中のフリースタイルフットボール選手たちがこぞってその頂点を目指す、世界フリースタイルフットボール連盟によって認可された権威ある大会であり、今年は55カ国から選手がエントリーしています。

 大会では、ALEG-Reが一昨年・昨年に続き、堂に入ったパフォーマンスを披露。惜しくもチャンピオン奪回を逃したYOSSHIですが、出場選手の間では“1位に匹敵する演技”という高い評価を得、本人も「100%ではなかったが、満足のいく演技が出来た」とコメントしています。一方、バトル部門では、ベスト16の時点で同チームのYOとKazaneが対戦することとなり、両選手共のベスト8入賞とはならなかったが、ベスト16に日本人選手が2名も入るという快進撃となりました。

※お知らせ
9月6・7・8日(水・木・金)、『ギフト・ショー2017』(於:東京ビッグサイト)
FOOOTYブースで、ALEG‐Re、Air technicianが、FOOOTY商品を使用し、パフォーマンスを披露致します。
(時間は、いずれも11:00~、13:00~を予定
6日:ALEG-Re、7日:Air technician、8日:ALEG-Re, Air technician)

このまとめのライター

関連するキーワード


ALEG‐Re フリースタイル

関連する投稿



ロシアの首都モスクワで行われていたフットボールのパフォーマンスのレベルが高すぎでした!

ロシアの首都モスクワで行われていたフットボールのパフォーマンスのレベルが高すぎでした!

モスクワで行われていたフットボールのパフォーマンスのレベルが高すぎます!


「エアーテクニシャン」 promotion movie「戦う」

「エアーテクニシャン」 promotion movie「戦う」

フリースタイルフットボールチーム「Team Air Technician(エアーテクニシャン)」としても活動している、ibuki、YO、Kazaneのpromotion movieが完成しました!



真上に上げた物を何でも頭に乗せられる(?)男のチャレンジが話題に

真上に上げた物を何でも頭に乗せられる(?)男のチャレンジが話題に

フリースタイラージェームズJの神業(?)動画が話題になっています。


最新の投稿


「簡単な決断ではなかった」セレッソMF・山口蛍がヴィッセルに電撃移籍!

「簡単な決断ではなかった」セレッソMF・山口蛍がヴィッセルに電撃移籍!

セレッソ大阪でプレーするMF山口蛍がヴィッセル神戸に移籍することが発表されました。


トッテナム、新スタジアムを一部のファンへお披露目!

トッテナム、新スタジアムを一部のファンへお披露目!

16日、イングランド・トッテナムホットスパーFCは新スタジアム公開のファンイベントを開催した。このイベントに招待されたのは投票で選ばれた約6000人のシーズンチケットホルダーで、新スタジアムの中で最も象徴的な南スタンドの内部を見て回る機会が与えられた。


お見事!ドルトムントのサインプレーが上手かった

お見事!ドルトムントのサインプレーが上手かった

ドイツ・ブンデスリーガ第15節が行われ、香川真司が所属する首位ドルトムントは、大迫勇也が所属するブレーメンと対戦し、2-1で勝利した。 この試合の前半20分、ドルトムントの先制点のシーンに注目である。


数々のドラマを生む高校サッカー その魅力と問題点とは

数々のドラマを生む高校サッカー その魅力と問題点とは

毎年、夏にはインターハイ、冬には全国高校サッカー選手権大会が開催されている。多くの部員がインターハイや選手権で全国大会に出場すること、優勝することを夢見て日々練習に励んでいる。今回はそんな高校サッカーの魅力と問題点に 触れていく。


得点後のサラーに「笑顔」がないのは何故?ルイスガルシアはこう推測する。

得点後のサラーに「笑顔」がないのは何故?ルイスガルシアはこう推測する。

今シーズンもリバプールに必要不可欠な存在として君臨する「エジプトの王」モハメド・サラー。リーグ戦ではここまで10得点を挙げアーセナルFWピエール・エメリク・オーバメヤンと並び得点ランクトップに立っている。 そんな彼だがここ最近、得点を決めた後に「笑顔がない」というのだ。 一体何故なのか?元スペイン代表でリバプールでも活躍したルイス・ガルシアが推測する。