Jリーグ懐かし外国人助っ人、赤いほっぺでお馴染みの元名古屋デュリックスは今…(前編)

Jリーグ懐かし外国人助っ人、赤いほっぺでお馴染みの元名古屋デュリックスは今…(前編)

ベンゲル時代の名古屋グランパスで、豊富な運動量を武器にピッチを縦横無尽に走り回ったフランス人MFデュリックス。彼は現在、ベトナム・ホーチミンで未来のプロサッカー選手を目指す子供たちを育てています。現地在住ライターが、懐かしの助っ人デュリックスを訪ねてのインタビューを2回に分けてお届けします。


名古屋グランパスの歴代助っ人ナンバーワンといえば、何といっても元ユーゴスラビア代表“ピクシー”ストイコビッチだろうが、古参サポーターにとって、どうしても忘れられない選手がいる。ベンゲル政権下の名古屋で、ピクシーと同時期に在籍したデュリックスだ。豊富な運動量を武器にボランチとして大活躍したデュリックスは現在、“東洋のパリ”ことベトナム・ホーチミンで、サッカーアカデミーの指導者を務めている。赤いほっぺがトレードマークだったデュリックスは、この10月で52歳になる。あの懐かしい顔に久しぶりに会いに行ってみた。

現役引退から指導者転向まで

-こんにちは!久しぶりですが、お元気でしたか?

デュリックス(以下D)「(日本語で)元気です。ありがとう。1期生の追加セレクションで会って以来だから1年以上ですね。」

-早いもので、ベトナムに来て、もう2年になりますね。ベトナムに来る前、現役を引退して以降は、何をされていたのですか?

D「4年程、母国フランスで多国籍料理のレストランを経営していました。でも、やっぱりサッカーが好きなので、現場に戻ることを決めて、JMGアカデミー(※元フランス代表ジャン=マルク・ギルーが設立したアカデミー)で指導者の仕事につきました。選手時代に日本でプレーしてから、アジアの文化にも興味を持っていたので、今回はベトナムに来ることにしました。」

ベトナムでの新たな挑戦

-現在働くヌティフードJMGアカデミーについて、教えてください。

D「アジアやアフリカで展開している無料の全寮制サッカーアカデミーです。ホーチミンのアカデミーは、ヌティフード社(栄養食品会社)とJMGが協同で実施している素晴らしいプロジェクトですが、まだ他のJMGアカデミーと比べると、練習場までバスで通わないといけなかったり、インフラ面が不足していると感じています。」

-よく比較されると思いますが、ザライ省プレイク市にあるHAGLアーセナルJMGアカデミー(※ベトナム1部ホアン・アイン・ザライの下部組織。現在はアーセナルとの提携が終了)とは、どんな関係にあるのでしょうか?

D「今年からヌティフード社がHAGLのスポンサーではなくなったため、現在は直接的な関係はありません。しかし、コーチはいずれもJMGから派遣されています。」

-現在、ホーチミンのアカデミーには何人ぐらいの生徒が在籍しているのでしょうか?

D「1期生と2期生、合わせて24人が在籍しています。年齢は11歳~14歳が多いですが、最年少で8歳、最年長は16歳です。生徒たちは、セレクションでベトナム全国から集められました。」

急成長するベトナムサッカー、育成の現場では?

-ベトナムサッカーやベトナムの育成年代についての印象を聞かせてください。

D「ベトナムには、多くのアカデミーが存在しますが、詳細は把握していません。個人的には、幼い頃から週5日も6日も練習するのは、良くないと思います。ベトナムの選手たちについて言及すると、まだ意識が高くないですね。ヨーロッパの選手と比べて、クレバーさも足りません。ただ、これについては、昔の日本の選手も同じでしたから、ベトナムでも育成がしっかりすれば、変わってくるでしょう。それより、見ていて気になるのは、ミスでボールを奪われた後の反応です。そこでプレーを終えてしまうことが多いので、簡単に相手に反撃されてしまいます。」

-デュリックスが子供たちを指導するうえでモットーにしていることは何ですか?

D「“PSI”をモットーとした指導を心掛けています。PはPleasure(愉しみ)、SはSimple(簡潔)、IはIntelligent(知性)の頭文字。まずは愉しさを追及することです。それがなければ、モチベーションになりません。子供たちの中には、貧しい家庭の出身の子たちもいます。彼らにとって、毎日練習して頑張れば、それでお金を稼げるということ自体が一つのモチベーションになっているようです。」

-育成を進めていく中で、どの段階から“勝敗”という結果を求めていけばいいと考えますか?

D「勝ち負けは、最初の段階から重要です。常に勝ちたいという気持ちを持たなければ、選手として成功することはできません。ホーチミンのアカデミーでも、誰が一番強い気持ちを持っているか、試合や練習を見ていれば分かります。負けず嫌いであることは、サッカー選手にとって重要な要素です。」

テクニシャンを生むユニークな練習法

-JMGアカデミーでは、よく裸足で練習していますが、その目的は?

D「ボール感覚を養うためです。シューズを履くと重く感じますし、私自身、裸足で練習するほうが好きです。危ないこともありますが、踏まれないためには、どうするか考えないといけないので、賢くもなります。JMGでは、ボールコントロールを非常に重視しています。それが一定のレベルに達しなければ、シューズを履いての他チームとの練習試合を認めていません。」

-アカデミー生が今後、順調に卒業していくとして、どんな進路が考えられますか?

D「子供たちがプロ選手になれるかどうかは、彼ら次第です。私にできることは、これまでに選手や指導者として培ってきた経験を彼らに伝えること。もちろん、自分のコネクションを使って、各クラブに紹介することは可能です。でも、成功するかどうかは全て彼らの努力次第。たとえ今、みんなよりレベルが上でも、数年後に同じ立場にいるかは分かりません。ここには絶えず競争があるんです。」

J2リーグに挑戦したグエン・コン・フオンとグエン・トゥアン・アイン…彼らに続く選手を育てる

-プレイク市にあるHAGLアーセナルJMGアカデミーは、グエン・コン・フオン(元水戸)やグエン・トゥアン・アイン(元横浜FC)をはじめとする多くのベトナム代表選手を輩出しました。しかし、二人は昨年、移籍先のJ2のクラブでほとんど出場できずに帰国しました。彼らの評価について聞かせてください。

D「彼らはJMGのメソッドで育った最初のベトナム人選手。二人の実力は高く評価しています。昨年、日本では活躍できなかったかもしれませんが、チャンスさえ与えれば、イギリスやフランスでもプレーできるだけのポテンシャルを秘めています。今はまだ、ベトナム人選手について知る外国のクラブは少ないので、JMGのサイトでは、彼らのプレービデオを載せて紹介しています。」

-アカデミー指導者として今後の目標を教えてください。

D「今の目標は、アカデミー生たちを日々少しずつ成長させること。そして、いずれはこのアカデミーから世界レベルの選手を育てたいと思っています。少なくとも3人の選手を国外に送り出したい。将来、彼らがプロ選手になったときに、良い生活ができるよう、今はあえて厳しく指導しています。」

このまとめのライター

ベトナム在住の翻訳家兼ライターが運営するニッチすぎる”ベトナム&東南アジア”のサッカー専門サイト。実は名古屋サポーター。

関連する投稿


Jリーグが再開延期を決定。今サポーターにできることとは?

Jリーグが再開延期を決定。今サポーターにできることとは?

新型コロナウイルスの影響で2020年3月15日までの延期が決まっていたJリーグ。そんなJリーグが再度の延期を決定。3月末まで試合は開催されないこととなりました。今、サポーターには何ができるのでしょうか。再開した時に思いっきりサッカー観戦を楽しむために考えてみました。


【意見求む】Jリーグロスの今、Jリーグの魅力を再確認しよう!

【意見求む】Jリーグロスの今、Jリーグの魅力を再確認しよう!

あなたが思うJリーグの魅力はどこですか? 再確認して、再開時Jリーグをもっと楽しもう!


Jリーグの名シーン大集合!あなたが見たい名シーンはどれ?

Jリーグの名シーン大集合!あなたが見たい名シーンはどれ?

新型コロナウイルスの影響によって中断を余儀なくされている2020年のJリーグ。そんなJリーグファンのための企画として「Jリーグキングチャレンジ」という企画が行われていました。Jリーグの名シーンをリクエストに応えて見せてくれるこの企画。あなたの見たい名シーンはあるでしょうか?


Jリーグが世界のリーグのランキングでビリ!一体何の項目だ!

Jリーグが世界のリーグのランキングでビリ!一体何の項目だ!

FIFAの関連調査機関、CIESフットボール・オブザーバトリーが発表した結果によると、ある項目でJリーグの数値がビリに...! 一体なんだ!


【Jリーグ】コロナウイルスの影響により公式戦が延期に。今後どうなる?

【Jリーグ】コロナウイルスの影響により公式戦が延期に。今後どうなる?

コロナウイルスの影響により各所イベントを開催すべきかが問われているなか、Jリーグも動き出しました。


最新の投稿


【shoot anilla】セミプロ契約候補のゴールキーパーを募集!!

【shoot anilla】セミプロ契約候補のゴールキーパーを募集!!

この度、シュートアニージャでは引き続き、2020-2021シーズン共に戦うゴールキーパーを募集しています。



【横浜FC】キングカズが正しい手洗い方法の動画を公開!その姿が話題

【横浜FC】キングカズが正しい手洗い方法の動画を公開!その姿が話題

新型コロナウイルスの予防には正しい手洗いが大切だと言われています。有名人が正しい手洗いの方法を動画で公開していることも多く、サッカー界からもたくさんの動画がアップされています。今回紹介するのは、横浜FCが公開した動画。その動画に出演した三浦知良選手の姿が話題になっています。


高萩洋次郎からの宿題!ボール4つの上で腕立て伏せ、できる?

高萩洋次郎からの宿題!ボール4つの上で腕立て伏せ、できる?

新型コロナウイルスの影響でサッカーのみならずさまざまなイベントが中止になってしまっています。思いっきりリフレッシュすることが難しい状況ではありますが、様々な選手が家でも楽しめるトレーニングなどを公開しています。今回紹介するのはFC東京、高萩洋次郎選手のトレーニング。ぜひチャレンジしてみてください。


【現代サッカー】特徴的な戦い方を行う監督の戦術・戦略を5つ紹介!

【現代サッカー】特徴的な戦い方を行う監督の戦術・戦略を5つ紹介!

チームの数だけ戦い方は存在します。 今回はここ数年で多用に変化するサッカーの戦い方に焦点を合わせ、特徴的な試合展開を行う監督の戦術・戦略について簡単にご紹介します。