「世界1位」 フリースタイルフットボールユニットYOSSHI.&YU-Jを取材【前編】

「世界1位」 フリースタイルフットボールユニットYOSSHI.&YU-Jを取材【前編】


 サッカーを土台に持つスポーツは様々あります。その中の1つ「競技」であり「芸術」でもあるのがフリースタイルフットボール。

 Golaco[ゴラッソ]では、フリースタイルフットボールの世界大会で優勝した日本人の2人組 YOSSHI.&YU-J(ヨッシー&ユージ)さんを取材してきました。
「前編」と「後編」にわけてご紹介します。

アジア人初デュオの世界一に輝いた YOSSHI.&YU-J

 フリースタイルフットボール。それはリフティングやドリブルを用いてパフォーマンスに昇華させたもので「競技」の要素も「芸術」の要素も両方もちます。

 毎年世界大会が開催。2015年にチェコで行われた世界大会(SUPERBALL 2015 Double routine部門)に出場したYOSSHI.さんとYU-Jさんはアジア人で初めて1位に輝き、観客からスタンディングオベーションを受けました。

 和風の世界観の中、息の合ったコンビネーションで技を繰り広げる二人。YOSSHI.さんによると、このときは難しい技はほとんど取り入れておらずオリジナル音楽を使用して世界観作りに細部までこだわって演じたとのこと。

フリースタイルフットボールの基本的な動き

 YOSSHI.&YU-J さんが、Golaco[ゴラッソ]のために特別にフリースタイルフットボールの基本的な技を紹介する動画を撮影してくれました。

基本動作①
リフティングの要領で片足の甲を使いボールを蹴り上げると同時にそのままボールの周りを一周させる「アラウンド・ザ・ワールド」

基本動作②
座った状態で足の甲を使いボールを蹴り上げて、逆足を動かしてボールの周りを一周させる「リボルブ」

基本動作③
ボールを蹴り上げて首の後ろでキャッチする「ネックキャッチ」

基本動作④
地面でボールを華麗に扱う「グラウンドムーブ」

 動画を観るとわかる通り、フリースタイルフットボールはただボールをリフティングのように操るだけではありません。動きがしなやかで足や手の細部の動きまでこだわっていて、ダンスの要素もあります。ダンスショーを観ている気持ちになった方も多いのではないでしょうか。

京都に暮らす2人の少年が始めたフリースタイルフットボールが世界へ~

 YOSSHI.さんYU-Jさんがフリースタイルフットボールを始めたのは16歳の高校生のとき。2人は幼馴染で京都に暮らす普通の少年でしたが、動画をきっかけにフリースタイルフットボールを開始。最初から2人組でパフォーマンスをしていたわけではなく、仲の良い友達と皆で一緒に練習を重ねていたそうです。

 YOSSHI.さんはサッカー部に所属していたものの数ヵ月で退部。フリースタイルフットボールを始めて少し経った頃に足首に異常が出てリフティングが困難に。しかし、継続することを決意し、リフティングを多用しないスタイルを模索したそうです。

 優勝した世界大会のときのパフォーマンスでは「難しい技はほとんど取り入れていない」ということですが、背景にはこのような理由も含まれています。結果的に技の難しさではない「表現」に力を入れたことにより、世界一を獲得するに至りました。

 YU-JさんはYOSSHI.さんと幼馴染ということもあり、同時期にフリースタイルフットボールを始めましたが当初のリフティング最高記録は3回。リフティングが得意ではないという一見マイナスの要素を好転させて、空中の足技を重視するスタイルに。

 学校卒業後、一度は就職してフリースタイルフットボールを本職にする道から外れたものの、フリースタイルフットボールを愛する気持ちが後押しとなり、退職して一筋に。YOSSHI.さんと本格的にユニットを結成しました。

アーティストとして本格始動「LA CLASSIC」

 世界1位に輝くより以前からフリースタイルフットボールのアーティストとして活動していたYOSSHI.&YU-J。世界1位に輝いてからはフリースタイルフットボールのプロとしての仕事が増え、テレビ番組やイベント等に出演、著名人の振り付けや講師等の仕事もしています。

 直近では2018年のFIFAワールドカップオフィシャルビール「 Budweiser (バドワイザー) 」のCMに出演しています。成人しているサッカー好きの方で「CMが記憶に残っている」という方は多いのではないでしょうか。

 YOSSHI.&YU-Jの2人は2018年1月から、「LA CLASSIC(ラ・クラシック)」というユニットを正式に結成し、活動の幅を広げています。

 そんな2人にフリースタイルフットボール初心者が心折れそうになったときにどうするべきか聞いてみたところ「モチベーションが低下したときは、励ましてくれる仲間の存在が重要」だと教えてくれました。

 フリースタイルフットボールという、まだまだ競技としての認知度も芸術としての認知度も決して高いとはいえない競技。動画を参考に手探りで練習を重ねてきた彼らも、仲間がいたから乗り切れた場面がたくさんあるそうです。

7月22日!ガンバ大阪VS清水エスパルス戦前にイベント出演決定!

 7月22日(日)大阪府吹田市にあるパナソニックスタジアム吹田で実施されるガンバ大阪のホームゲーム(J1リーグ第17節ガンバ大阪VS清水エスパルス戦)の試合開始前の時間に、サポーター向けイベント「TOYO TIRESパートナーデー」が開催されます。

 LA CLASSICは当日行われる「フリースタイルフットボール・パフォーマンスショー」に出演します。

 観覧料は無料。ガンバ大阪のサポーターはもちろん、フリースタイルフットボールの世界チャンピオンに直に会える機会ということで、フリースタイルフットボールに興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

 次回は「後編」をお送りします。

インフォメーション

LA CLASSIC(ラ・クラシック)ホームページ
http://laclassic.art/

YOSSHI.(ヨッシー)
生年月日:1990年6月13日
出身地:京都府舞鶴市
経歴:SUPERBALL 2015 Double Routine優勝(デュオ世界一)
SUPERBALL 2016 Routine 準優勝(ソロ世界二位)
趣味:音楽遊び
好きな食べもの:カレーライス
好きなタイプ:一緒にお酒飲める人
Twitter:@7YOSSHI7
Instagram:yosshi44

YU-J
生年月日:1990年9月18日
出身地:京都府舞鶴市
経歴:SUPERBALL 2015 Double Routine優勝(デュオ世界一)
趣味:料理
好きな食べもの:お味噌汁
好きなタイプ:やんわりした雰囲気の人
Twitter:@Fstyle07yu
Instagram:fstyle07yu

このまとめのライター

関連するキーワード


フリースタイル

関連する投稿


ロシアの首都モスクワで行われていたフットボールのパフォーマンスのレベルが高すぎでした!

ロシアの首都モスクワで行われていたフットボールのパフォーマンスのレベルが高すぎでした!

モスクワで行われていたフットボールのパフォーマンスのレベルが高すぎます!


「エアーテクニシャン」 promotion movie「戦う」

「エアーテクニシャン」 promotion movie「戦う」

フリースタイルフットボールチーム「Team Air Technician(エアーテクニシャン)」としても活動している、ibuki、YO、Kazaneのpromotion movieが完成しました!



フリースタイルフットボール、権威ある世界大会で日本人が快挙!

フリースタイルフットボール、権威ある世界大会で日本人が快挙!

フリースタイルフットボールの権威ある世界大会「Super Ball 2017」で日本人チームが快挙です。


真上に上げた物を何でも頭に乗せられる(?)男のチャレンジが話題に

真上に上げた物を何でも頭に乗せられる(?)男のチャレンジが話題に

フリースタイラージェームズJの神業(?)動画が話題になっています。


最新の投稿


【アルゼンチン代表】マルティネスのダブルタッチ股抜きが凄い!

【アルゼンチン代表】マルティネスのダブルタッチ股抜きが凄い!

インテルでプレーするアルゼンチン代表・マルティネスのダブルタッチで股抜きをするテクニックが凄いと話題になっています!


これは惚れる。試合後ファン・ダイクがとった行動が話題に

これは惚れる。試合後ファン・ダイクがとった行動が話題に

オランダ代表DFで主将のファン・ダイクがとった行動が話題になっている。


【代表初ゴール】伝家の宝刀、山中亮輔の左足が炸裂!

【代表初ゴール】伝家の宝刀、山中亮輔の左足が炸裂!

日本代表vsキルギス代表の速報です!代表デビューとなった山中亮輔が豪快ミドルで先制しました!


青森初のJクラブ誕生!ヴァンラーレ八戸FC J3参入が正式決定!

青森初のJクラブ誕生!ヴァンラーレ八戸FC J3参入が正式決定!

青森県八戸市や五戸町などをホームタウンにするヴァンラーレ八戸FCのJ3昇格が11月20日(火)に15時から八戸市内で行われたJリーグ入会 合否決定 記者会見で正式決定した。


森保ジャパン5戦無敗へ キルギス戦予想スタメン

森保ジャパン5戦無敗へ キルギス戦予想スタメン

キリンチャレンジカップ2018日本代表VSキルギスの一戦が11月20日(火)に豊田スタジアムで行われる。16日(金)のベネズエラ戦に引き分け、惜しくも史上初の初陣から4連勝を逃した日本代表が5戦無敗に向けてキルギスに挑む!