働き方改革って何?仕事が忙しすぎて毎日終電帰りな彼は…

働き方改革って何?仕事が忙しすぎて毎日終電帰りな彼は…


頑張れ!エース大橋!!!

某企業に勤める社会人5年目の営業マン、大橋。

営業成績が良く、社内の評判も上々。
半年前には学生時代から付き合っていた彼女と結婚し、順風満帆の人生を送る。
だけど最近は仕事量が増えすぎて、毎日終電帰りの日々。
妻とはデートはおろか、夫婦の会話すらほぼない状態に。
「サラリーマンだから仕方がない」と諦めていたが、ある企業の会議室の光景を見かけたことで……。

終電帰り続きの毎日。このまま一生“社畜”として生きるしかない?

「大橋さん、この資料確認してもらえますか?」

 振り返ると、新入社員の小林が印刷したばかりの資料を手に持っている。
100枚近くはありそうな資料の束を見て、思わずため息をつきたくなるのをそっとこらえる。

“今年の新入社員のトレーナーは大橋君に務めてもらいたい”
部長の言葉が脳裏を過ぎった。

「分かった、今日中にチェックしておくよ」

「ありがとうございます!」

壁に掛けられた時計を見やる。あと5分で定時だ。

「おい、大橋! 会議始まるぞ」

「あ、今行きます」

5分後に始まる会議は新規で獲得してきた東証一部上場企業のプロジェクト案件。
営業担当者として、受注後も毎回会議には参加しなくてはならない。
プロジェクトは順調に進んでおり、顧客にはぜひとも新規提案を継続してほしいと言われている。
そのためには常に顧客の最新状況と業界の動向、そして最先端の商品知識を仕入れ続けなくてはならないのだ。

2時間で終了予定だった会議が1時間延び、それから新入社員の資料に赤字を入れ、
帰宅しようと思った間際にメールでの問い合わせが1件。
明日は直接取引先に向かう予定だったので、慌てて過去の資料を調べ直し、メールを返信した。

時刻はすでに23:30過ぎ。今日も家に着くのは深夜1時を過ぎそうだ。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

“ワークライフバランス”なんて夢のまた夢?

社会人として働き始めて5年。
営業成績は好調で、すでに将来の出世頭と注目されている。
半年前に学生時代から付き合っていた彼女と結婚。給料や待遇にも不満はない。
はたから見れば、順風満帆な人生といっても過言ではないだろう。

しかし、こなせばこなすほど降り積もってくる仕事の山には、正直、辟易せざるを得ない。
終電帰りなんて当たり前。休日はついごろ寝してしまうため、夫婦の会話はろくにない。
口にはしないが妻が不満を持っていることは十分理解している。

世間では、「ワークライフバランス」「働き方改革」「プレミアムフライデー」などと叫ばれているが、仕事量が減るわけでもないし、一体どうしろというのだろう。
会社を出て、駅に到着すると、自分と同じように残業で疲れ切ったサラリーマンたちが、立つのもしんどいといった顔で電車を待っている。


「大変なのは、みんな一緒…」

そうつぶやくと、深夜24時とは思えないほど混雑した電車がホームに滑り込んできた

なぜ忙しいはずのビジネスパーソンなのに、彼は定時で帰れるの?

シャワーを浴びて、死んだように眠り、朝6時には起床。バタバタと支度をして、カロリーメイトで朝食を済ませ、2時間かけてなじみの取引先のもとへと向かう。幸いなのは、下り電車のため空いていること。空いた席に座り資料を読み込もうとするが、連日の疲れがたたって、すぐまぶたが重くなってきた。

仮眠タイムへと変更し、取引先へ。
いつもお世話になっている二課の課長は週末久しぶりに行った競馬で大穴が当たったらしくすこぶる機嫌が良い。社内や家庭では誰も聞いてくれないであろうムダ話を延々と聞かされ、30分で終わるはずの打ち合わせが気付くと2時間近くかかっていた。

来週、見積もりを提出する約束を交わし外へ。天気が良いせいか、街中を歩く人々の足取りも何だか軽い気がする。

次の訪問先は赤坂にある大手通信企業。昼食の時間帯が少しずれるはずだから、打ち合わせが終わったらいつもより数百円だけ贅沢しようか。そんなことを考えながら、電車に揺られる。

予定時刻ちょうどに訪れると、受付嬢が「少々お待ちください」と言い、担当者である松川さんが姿を現した。

「ご無沙汰しております」

「こちらこそ。遠いところから、わざわざ足をお運びいただき毎度恐縮です」

同い年であることが分かって以来、松川さんとはすっかり親しい間柄になった。大手企業に勤めているせいか、いつも清潔感あふれる身のこなしをしている。笑顔も明るく、目の下にクマもない。体つきも引き締まっており、聞いてみたら、週に2~3回はジムに通っているとのこと。納得である。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ここ数年の付き合いで仕事ができるビジネスパーソンであることは判明している。
仕事は忙しくないのだろうか。それとも真に仕事ができるビジネスパーソンは、睡眠時間2~3時間程度でもそれを表には全く出さない頑強な精神を秘めているのだろうか。

会議室で見かけた不思議な光景。あれは何?

打ち合わせは予定通り30分程度で終わり、軽く雑談をした後「では、そろそろ……」と腰を上げる。「御社も決算が近づいていますから、毎日大変でしょう」と話題を振るが、「まあそうですが、以前ほどではありません」と相変わらずの笑顔。疲労がにじみ出ている気配は全くない。
「身体を鍛えている人はやっぱり違うのかな」なんて思いながら、廊下を歩いていると、
不思議な光景を見かけた。
「会議室A」と書かれているのに、誰も会議をしている様子がない。
皆自分のパソコンやスマートフォンに向かって、話し掛けているのだ。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「これは、一体何の部屋なんですか?」

「普通の会議室ですよ。最近、sMeetingを導入したんで、初めて見る人は不思議に思うかもしれませんね」

「sMeeting?」

「弊社で開発したクラウド型のWeb会議サービスで、スマホやパソコンがあれば、場所を問わずいつでも誰とでも手軽に会議ができるんです」

「Web会議やテレビ会議のようなものですか?」

「ちょっと違いますね。

Web会議よりも音声品質は安定していますし、テレビ会議と違って取引先など拠点間以外の会議にも使えますから」



「へぇ、すごいですね」

「これのおかげで移動時間が減り、私も最近は定時に帰宅できる日が増えました。資料のやり取りも簡単ですし、便利ですよ。もしよろしければ、パンフレットをお持ち帰りになりますか?」

「はい、ぜひ!」

 松川さんはラックにあったパンフレットを1部抜き取り、手渡してくれた。

「大橋さんの会社でも、sMeetingが導入されて、働き方改革が進むことを楽しみにしています」

sMeetingの導入で、業務効率を上げ、仕事もプライベートも充実させよう!

昼食は立ち食いそばで済ませ、すぐさま電車に乗った。早くsMeetingのパンフレットを読みたかったからだ。
「sMeetingの特長」と題された項目には、画面の操作性の高さや強固なセキュリティ、優れた音声品質などについて写真や画像付きでわかりやすく解説されていた。
これによると、会議予約や資料の共有も簡単。セキュリティレベルが高いため、経営会議など機密情報を扱う会議でも利用されているらしい。
そのうえ、高圧縮で低遅延な音声コーデック「Opus」を採用しているため、音声の途切れが少なく、スムーズなコミュニケーションが可能。
何より、ホワイトボード機能やPCデスクトップ共有、リモートコントロール機能など様々な機能がついているというのに、
1ライセンスあたり2,000円と低コスト!これなら部長も口説き落とせるかもしれない。

さっそく帰って部長の説得に取りかかった。

「これさえあれば、ムダな移動時間を減らせるんです。今やどの会社も働き方改革をしています。
何の対策も練らないなんて、先進的な企業とはいえませんよ。
無料トライアルもありますし、とりあえずやってみましょう!」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

無料トライアル | クラウド型Web会議サービスのsMeeting(エスミーティング)

https://www.docomo-sys.co.jp/inquiry/contact_ddreams_web.php?sid=3

クラウド型Web会議サービス「sMeeting(エスミーティング)」お問い合わせページです。場所を問わず「いつでも」「誰でも」手軽に会議が可能!豊富な機能で、モバイルデバイスにも対応。高セキュリティ設計なので安心してご利用いただけます。

勢いに気圧されたのか、普段の営業成績が功を奏したのか分からないが、
部長は剣幕に押される形で了承してくれた。

さっそく松川さんに電話をかける。

「やりました! 弊社でもsMeetingを導入することになりました。まずは無料トライアルからお願いできますか?」

「もちろんです。これで大橋さんの生活も変わりますね。定時で帰れるようになったら、今度はプライベートでも飲みに行きましょう」

思わず頬が緩む。定時で帰るなんて、新入社員の時以来かもしれない。
松川さんと飲むのも良いが、まずは妻と久しぶりにデートをしよう。洒落たレストランを予約して、フレンチのフルコースはどうだろうか。ディナークルーズなんていうのも良いかもしれない。

仕事時間が減れば、育児だって一緒にできるはずだ。妻は「1人で子供を育てるのは不安」と出産には気後れしているようだった。

「定時に帰れる」と思うだけで、仕事にもメリハリがつくようになった。
もうダラダラと仕事をこなすのはやめよう。
やるべき事は時間内に終わらせ、きちっと定時で帰る。これが現代のできるビジネスパーソンだ。

「なんか、大橋さんうれしそうですね」

新入社員の小林が笑いかけてくる。

「まあね」

sMeetingが導入されれば、君もきっと大喜びするよ。

そう大橋は心の中でつぶやいた。

                         ライター:三村 真佑美(みむら まゆみ)

働き方改革を加速するクラウド型Web会議サービス sMeeting(エスミーティング)

https://www.docomo-sys.co.jp/products/smeeting/lp/workstyle.html

ドコモグループで培ったノウハウと技術で業務効率化を実現しパフォーマンスを最大化するクラウド型Web会議サービス「sMeeting(エスミーティング)」。強固なセキュリティ対策、優れた音声品質、セキュリティ、抜群の費用対効果で働き方改革をサポートします。